#登山 #ハイキング #トレッキング #初心者 #親子 #おすすめ #日帰り #関東 #東京 #登山コース

東京で気軽に日帰り登山!ハイキング初心者におすすめ3選|大岳山・景信山・日の出山

公開日 2週間前
東京で気軽に日帰り登山!ハイキング初心者におすすめ3選|大岳山・景信山・日の出山

東京都内には初心者や子供連れのファミリーが気軽に日帰りハイキングをたのしめる山がたくさんあります。今回は登山・ハイキング初心者の方に向けて、電車・バス(公共交通機関)や車でのアクセスがよく、気軽に日帰り登山ができるおすすめの山を、厳選して3つご紹介していきます。

 

 

 

 東京都内には初心者が安心して登れる山がたくさん!日帰りで絶景を満喫しよう

東京は都会のイメージが強いですが、じつは日帰りで絶景ハイキングをたのしめるスポットがたくさんあるんです。今回は車や公共交通機関でのアクセスもよく、しっかりと登山道が整備されている歩きやすい山を厳選しました。家族や友達、恋人といった大切な人たちと大自然の中で共に過ごす時間は掛け替えのないものになるはずです。初心者でも気軽にチャレンジできる絶景ハイキングスポットをご紹介していきますので、ぜひハイキングコース選びの参考にしてみてください。

 

 大岳山(おおだけさん)

出典:photoAC

 大岳山の特徴

【山名】大岳山(標高:1,266.5m)

大岳山は東京都西多摩郡に位置する標高1,266.5mの中低山です。奥多摩の名峰としてしられており、御前山、三頭山とあわせて「奥多摩三山」と呼ばれています。また、「日本二百名山」及び「花の百名山」に認定されています。いろんなハイキングコースがあり、レベルに合わせて様々な登り方ができるため、登山初心者から上級者までたのしむことができます。都心から車や公共交通機関でのアクセスも良いため、多くの登山客が訪れる人気スポットです。古くから山岳信仰の対象とされていて、山頂付近には「大岳神社(大嶽神社)」が鎮座しています。気軽に豊かな自然と絶景をたのしめるおすすめの山です。

 

 大岳山の初心者おすすめハイキングコース

大岳山にはたくさんのハイキングコースが整備されています。選ぶコースによって初心者から上級者までたのしむことができるので、何度チャレンジしても違った山歩きをたのしむことができます。たくさんあるハイキングコースの中でも、特に初心者におすすめなのが御岳山のケーブルカーを利用して御岳山山頂付近まで登り、そこから大岳山の山頂をめざすコースです。ケーブルカーを利用することでいっきに標高1,000m近くまで登ることができるので、登山初心者や子供連れのファミリーでも気軽に大岳山に登ることができます。

【登山口】

御岳山駅

【アクセス】

・電車・バスの場合:『JR青梅線 御嶽駅(みたけえき)』から『西東京バス 御岳駅行』に乗車して『御岳駅行』で下車します。

・自動車の場合:『中央自動車道 八王子インター』から国道411号線を道なりに約60分ほど進むと『御岳登山鉄道 滝本駅』に到着します。

《駐車場》

御岳滝本駅駐車場

  • 台数:136台
  • 料金:1,500円/1日
  • トイレ:あり

 

御岳登山鉄道 ケーブルカー

KEIO 御岳登山鉄道公式ホームぺージ
営業時間 7:00〜19:00
料金 大人;片道600円 往復1,130円
子供;片道300円 往復   570円

 

 大岳山の見どころ・おすすめポイント

出典:photoAC

御岳山から大岳山へかけての登山道にはたくさんの見どころやおすすめポイントがあります。その中でも一番の見どころはやはり山頂から望む絶景パノラマビューです。天気の良い日には富士山の雄大な姿や丹沢の山々も見ることができます。ハイキングコース途中には苔むした岩々が立ち並ぶ美しい渓流の「ロックガーデン」や樹齢300年の巨木「お浜の桂」、御岳神社の滝行で有名な「綾広の滝」、てっぺんに天狗の像がある「天狗岩」、大自然を感じられる「七代の滝」などなど、多くの見どころがあり、ハイキングをよりたのしいものにしてくれます。

 

 景信山(かげのぶやま)

出典:photoAC

 景信山の特徴

【山名】景信山(標高:727.1m)

景信山は東京都八王子市と神奈川県相模原市の間に位置する標高727.1mの低山です。高尾山から練馬山へと続く奥高尾縦走コースの中間にあり、多くの登山客が訪れる人気のハイキングスポットです。山域は「東京都立高尾陣場自然公園」や「神奈川県立陣馬相模湖自然公園」に指定されています。景信山という名前の由来は諸説ありますが、景信山に山城を整備した北条氏照の家臣である横地監物景信からきているというのが有力説だと言われています。山頂には茶屋があり、ゆっくりと過ごすことができるため、初心者でも安心してハイキングをたのしむことができます。また、景信山は展望の良い山としても知られており、山頂からは関東平野を一望するすばらしい景色を眺めることができます。

 

 景信山の初心者おすすめハイキングコース

景信山のハイキングコースはしっかりと整備されており、案内板もあるので登山初心者や子供連れファミリーでも安心してハイキングにチャレンジすることができます。山頂付近には2つの茶屋やトイレがあり、山頂でゆっくりと過ごすこともできます。登山初心者の縦走デビューとして人気の山でもあるため、多くの登山客で賑わいます。登山をはじめたばかりの初心者におすすめのコースは「小仏峠」から景信山山頂をめざすコースです。景信山のハイキングコースの中ではもっとも短く、全体的になだらかな歩きやすいコースのため、気軽に登ることができます。

【登山口】

小仏峠登山口

【アクセス】

・ 電車・バスの場合:『JR中央線 高尾駅』の北口バス停から『京王バス 小仏行』に乗車して『小仏』で下車します。

 

・自動車の場合:『中央自動車道 高尾山インター』から国道20号線を経由して都道516号線に進みます。12分ほど道なりに進むと『小仏峠登山口駐車場』に到着します。

《駐車場》

小仏峠登山口駐車場

  • 台数:約15台
  • 料金:無料
  • トイレ:なし

 

 景信山の見どころ・おすすめポイント

出典:photoAC

景信山に隣接する高尾山には1300種類もの植物が生息しており、景信山にもその種が飛んでくることで、四季の変化に応じて多種多様な植物を見ることができます。山頂からは関東平野を一望する絶景を見ることができます。天気の良い日には東京の町並みを見渡すことができ、東京タワーやスカイツリー、東京湾に加えて、相模湖方面には雄大な富士山を望むことができます。また、山頂付近には2つの茶屋があり、名物の「具沢山のなめこ汁」や「季節の山菜の天ぷら」を食べながらゆっくりと絶景をたのしむことができます。

 

  日の出山(ひのでやま)

出典:photoAC

 日の出山の特徴

【山名】日の出山(標高:902m)

日の出山は東京都の青梅市と西多摩郡日の出町の間に位置する標高902mの低山です。高尾山を登った登山初心者の次のターゲットとして選ばれることが多く、都心からもアクセスしやすいため、一年を通して多くの登山客で賑わいます。山頂からの眺望はすばらしく、特に東側からは関東平野を遠くまで一望する絶景を楽しむことができます。また、その名前の通りすばらしい日の出を眺めることができるため、気軽に初日の出登山をたのしむのに最適な山として人気があります。

 

 日の出山の初心者おすすめハイキングコース

日の出山には一年を通して多くの登山客が訪れるため、ハイキングコースはしっかりと整備されており、初心者や子供連れのファミリーでも安心してチャレンジすることができます。また、いろんなハイキングコースがあるため、組み合わせるコースによって何度きてもひと味ちがう山歩きをたのしむことができます。はじめて日の出山に登る方におすすめのハイキングコースは「つるつる温泉」の近くにある「日の出山登山口」から山頂をめざす「日の出山コース」です。途中で旧道コースと新道コースに別れますが、新道コースはほぼ舗装路のため、旧道コースがおすすめです。

【登山口】

日の出山登山口

【アクセス】

・電車・バスの場合:『JR五日市線 武蔵五日市駅』から『西東京バス つるつる温泉行』に乗車して『日の出山登山口』で下車します。

 

・自動車の場合:『首都圏中央連絡自動車道 日の出インター』から都道184号線を道なりに20分ほど進むと『日の出山登山口』に到着します。

《駐車場》

日の出山登山口無料駐車場

  • 台数:約40台
  • 料金:無料
  • トイレ:なし

 

 日の出山の見どころ・おすすめポイント

出典:photoAC

日の出山の一番のみどころは山頂から望む関東平野の絶景です。天気が良ければ東京の街並みやスカイツリー、江ノ島、東京湾、房総半島などを望むことができます。また、南から西側を見渡せば、奥多摩の山々や丹沢山塊、富士山の頂上も見ることができます。山頂には「

東雲山荘(しののめさんそう)」という山小屋があり、事前に予約することで宿泊することができます。東京の夜景や日の出などを山頂でゆっくりとたのしむという、普段では体験できない非日常を味わうことができます。ふもとにはつるつる温泉があるので、ハイキングの帰りに汗を流して帰れるのもおすすめポイントです。

 

 東京には日帰りハイキングスポットがたくさん!週末に山登りを楽しもう

今回は初心者や子供連れで気軽に日帰りハイキングができる東京のハイキングスポットとして、景信山・日の出山・大岳山の3つの山をご紹介しました。どの山も車や公共交通機関でアクセスしやすく、友達や家族連れでも気軽にハイキングをたのしむことができます。高尾山を登った次のステップアップとして、今回ご紹介した山にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?ぜひ週末のハイキングコース選びの参考にしてみてください。

 

 【登山・ハイキング時の注意点】

・登山・ハイキングはしっかりとした装備をご準備のうえで行って下さい。

(くるぶしまである登山靴や厚手の靴下、雨具、防寒着、ヘッドライト、帽子、ナップザック、速乾性のインナー類、食料、水など)

・山によっては登山路が複数あり、分岐などもあるため事前に登山ルートの確認をしっかりと行った上で、地図とコンパスも携帯するようにしてください。

・登山届と山岳保険はもしもの時はとても役立ちます。届け出を忘れずにしておきましょう!

・登山経験や体力、当日の天候などによって登山ルートの難易度が変わりますので、ご自身の体力に合わせて、無理のない計画で登山を楽しんでください。

 

※登山道の状況や交通網、また駐車場や関連施設などの情報は天候や災害によって変わっている可能性もあります。登山にお出かけの際は最新情報を公式HPなどでしっかりとご確認した上で計画的にお楽しみください。

 

コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル