#登山 #ハイキング #トレッキング #おすすめ #登山服 #レディース

登山のレディース服装の選び方|レイヤリングの基本や季節別おすすめも紹介

公開日 3週間前
登山のレディース服装の選び方|レイヤリングの基本や季節別おすすめも紹介

登山を安全に楽しむためには、適切な服装選び、体温調節が重要になります。本記事では登山の服装選びのポイントやレイヤリングについて説明します。後半には季節別のおすすめの服装も紹介しているためぜひ参考にしてください。

 

 

登山を安全に楽しむためには、適切な服装選びが重要になります。おしゃれで実用的なコーディネートを組むことで登山がさらに楽しいものとなるため、登山の服装は慎重に選びましょう。

そこで、本記事では登山の服装選びのポイントを説明します。レイヤリングについてのほか、季節別におすすめの服装も紹介しているため「登山の服装がなかなか決まらない」「登山には何を着て行けばよいかわからない」という方はぜひ参考にしてください。

 

 登山の服装の基本

出典:Adobe Stock

登山とは、登頂を目的として山に登ることです。似ているものにトレッキングがありますが、自然を楽しむことを目的としており、登山のような難所を通過することはほとんどありません。

登山では険しい道を通過することもあるため、動きやすい服装を心がけましょう。肌を露出していると転倒した際に大けがを負う可能性が高いため、できる限り肌の露出を抑える必要があります。

ちなみに、機能性は劣るものの、普段着の中には登山着の代用になるものもあります。最初からすべて揃えるとなると高額な費用がかかるため、代用できるものを活用しながら、少しずつ集めることがおすすめです。

登山するにあたってNGな服装

吸水性や速乾性の低い服装の場合、汗や水で衣服が濡れた状態が続くため、体温が低下してしまいます。そのため、速乾性の低い綿100%のTシャツの着用は避けましょう。

 

 登山の服装選びのポイントは「レイヤリング」

出典:iStock 

登山の服装を選ぶ際は、レイヤリングを意識しましょう。登山におけるレイヤリングとは、ベースレイヤーとミドルレイヤー・アウターレイヤーの3層を重ね着することです。

一日の登山の中でもコンディションは大きく変動します。山の標高や天気によって気温は変わり、運動量によっても体温は変わるからです。体温調節を適切におこなわなければ、低体温症や熱中症などで体調を崩してしまう場合があります。着脱しやすいレイヤリングによって、体温を調節しましょう。

 

  ベースレイヤー

ベースレイヤーと、レイヤリングの中でもっとも下に着用する服です。肌からすばやく汗を吸収することで、汗で肌が濡れた状態を防ぎます。

ベースレイヤーを選ぶ際は、季節や運動量に適した生地の厚みと機能性を重視しましょう。夏など暑い季節や運動量の多い日は体温が高くなるため、薄い生地で通気性の高いものがおすすめです。一方、冬など寒い季節や運動量の少ない日は体温が低くなるため、暑い生地で保温性の高いものを選びましょう。

普段着で代用できるアイテム

ナイロンやポリエステルなど吸水性の高い素材の服

 

  ミドルレイヤー

ミドルレイヤーとは、ベースレイヤーとアウターレイヤーの間に着用する服です。ベースレイヤーから移動してきた汗などの水分を拡散させて乾燥させます。

ミドルレイヤーを選ぶ際は、着用シーンに適した素材を重視しましょう。行動中に着用する場合は汗で蒸れないように通気性の高いものを、休憩中に着用する場合は寒くならないように保温性の高いものを選ぶことがおすすめです。

普段着で代用できるアイテム

タウンユースのフリースなど保温性の高い服

 

  アウターレイヤー

出典:photoAC

アウターレイヤーとは、レイヤリングの中でもっとも上に着用する服です。雨や雪・風から体を守る役割があります。

アウターレイヤーを選ぶ際は、防水透湿性が高いものを選びましょう。透湿性が低い場合、衣服の中で汗が蒸れてしまいます。耐摩耗性の高いものを選ぶことで、枝にひっかけたり、洗濯したりしても、破れにくくなります。

普段着で代用できるアイテム

レインウェアなど防水性の高い服

 

  ボトムス

ボトムスとは、下半身に着用する服です。主にズボンとスカートの2種類があり、紫外線や虫・怪我から体を守ります。

ボトムスを選ぶ際は、登山日の気温に適した丈の長さと生地の厚さを重視しましょう。気温が高い日は生地が薄いものを、気温が低い日は生地が熱いものを選ぶことがおすすめです。沢歩きを予定している場合は、撥水性や速乾性の高いものを選ぶと、水に濡れた状態が長時間続くことを防止できます。

普段着で代用できるアイテム

伸縮性や耐久性の高い素材の服

 

 スカートを選ぶ際の注意点

登山のスカートでは膝下が露出します。露出した部分は紫外線や怪我・虫というリスクにさらされるため、スカートを選んだ場合はレギンスと併用しましょう。

レギンスには紫外線や怪我・虫から体を守れるだけではなく、血流改善や関節保護といった効果も期待できます。登山時の疲労を軽減できるため、筋力に自信がない人の着用におすすめです。

レギンスはズボンよりも耐久性が低く、爪や枝がひっかかることで破れてしまう場合があります。着脱の際に慌てるとひっかかりやすいため、注意して着替えることが重要です。

 

 

 春・秋におすすめのレディースの登山服装

春(3~5月)や秋(9~11月)の平均気温は15~25度であり、登山初心者におすすめの季節です。日中は過ごしやすい気温であるものの、朝晩は10度まで冷え込むことがあるため、防寒対策をしっかりしておきましょう。

【春・秋の登山 一般的な服装例】

【ベースレイヤー】シルク

【ミドルレイヤー】フリース

【アウターレイヤー】シェルジャケット

【ボトムス】コンバーチブルパンツ

 【ドラウトクロージャケット(finetrack)】

 

 

「ドラウトクロージャケット」は、生地表面の強度と洗濯耐久性が魅力のジャケットです。控えめな保温性と高い通気性のバランスによって、冬の行動中の着用に向いています。

かさばりにくいTPS縫製を採用しており、他のレイヤーに影響を与えません。着ぶくれを起こしにくく、細見えさせたい女性におすすめの逸品です。

サイズ展開 S/M/L
素材 ポリエステル
重量 290g
カラー ブラック/ナイトブルー/スモーキーピンク

 

 【レインダンサー ジャケット(mont-bell)】

 

 

「レインダンサージャケット」は、リーズナブルな価格でありながら、ゴアテックスファブリクスを使用しているジャケットです。ゴアテックスファブリクスとは正解最高水準の防水透湿性が搭載されている素材であり、突然の雨にも対応できます。

ゆとりのあるシルエットとなっており、厚いミッドレイヤーの上にも着用しやすい点が魅力です。また、高い止水性によってジッパー部分にフラップがついておらず、軽量に成功しています。

サイズ展開 XS/S/M/L/XL
素材 ゴアテックス ファブリクス3レイヤー
重量 300g
カラー ワインレッド/ダークグレー/アイボリー/ライトグリーン/ピンク/ブルーグリーン

 

 【バーブサーマルパンツ(THE NORTH FACE)】

 

 

「バーブサーマルパンツ」とは、伸縮性・防風性・保温性に優れた登山パンツです。裏起毛によって暖かい一方、太もも脇のベンチレーションによってウェア内の熱を効率的に排出します。

また、スタイルを良くみせるテーパードシルエットも魅力です。細見えを実現しながら、立体裁断によって脚を動かしやすくなっています。

サイズ展開 S/M/L/XL
素材 Apex Aerobic Thermal
重量 410g(Lサイズ)
カラー ブラック/アーバンネイビー/ティンバータン

 

 【3WAY山スカート(VAXPOT)】

 

 

「3WAY山スカート」とは、ツートーンが特徴的な登山スカートです。ストレッチ性が高いうえにラップタイプのデザインであることから、脚を動かしやすくなっています。

スカートにショートパンツが付いており、3通りの着回しが可能です。スカートの中にショートパンツを着用すれば、風でスカートがめくれることを気にせずに登山を楽しめます。

サイズ展開 M
素材 ポリエステル
重量 記載なし
カラー PK/TU

 

 【BG8000IIバイオギアタイツ(ロング)(MIZUNO)】 

 

 

「BG8000IIバイオギアタイツ(ロング)」は、優しい履き心地が魅力のレギンスです。腰や膝・筋肉などをサポートするためにさまざまな工夫が施されており、登山時にかかる体への負担を軽減できます。ポップなカラーステッチが入っていることで、コーディネートを組みやすい点も魅力です。

サイズ展開 S/M/L/XL
素材 ナイロン
重量 180g
カラー ブラック×ピンク/ブラック×パープル

 

 

 夏におすすめのレディースの登山服装

夏(6~8月)の平均気温は25~30度であり、汗をかきやすくなっています。熱中症や低体温症の注意は必要であるものの、登山初心者におすすめの季節です。天候が変わりやすいため、突然雨が降ってきても対応できるように準備をしておきましょう。

【夏の登山 一般的な服装例】

【ベースレイヤー】ポリプロピレン

【ミドルレイヤー】ソフトシェル

【アウターレイヤー】レインウェア

【ボトムス】ショートパンツ

 【クレストクライマー ジャケット(フォックスファイヤー)】

 

 

国産アウトドアメーカーである、フォックスファイヤーのレインジャケット。ゴアテックス アクティブ ファブリクスを採用したモデルで、防水・透湿性に優れたジャケットです。フードには芯が入っており、ドローコードを締めても視界を広く確保してくれるのも嬉しいポイント。また、コンパクトに収納できるスタッフバッグ付きのため、かさばることなく楽に持ち運べます。

サイズ展開 S/M/L
素材 ゴアテックス アクティブ ファブリクス3レイヤー30Dタフタ
重量 260g
カラー インクブルー/パープル/ブルー/レッド/ライム

 

【ドットショットジャケット(THE NORTH FACE)】

 

 

「ドットショットジャケット」は、高い防水透湿性が魅力のハードシェルです。ハイベント2.5層の採用によって、着心地は軽くしなやかになっています。

冷気を遮断する防寒性や汗を拡散する透湿性が搭載されており、天候の急変しやすい夏の着用に最適です。ゆとりのあるシルエットで厚手のミドルレイヤーとも併用できることから、オールシーズン着用できます。

サイズ展開 S/M/L/XL
素材 40D/80D Taslan Nylon HYVENT-D(2.5層)
重量 270g(Lサイズ)
カラー ブラック/ニュートープ/ユーティリティブラウン×ケルプタン

 

 【Gamma SL Pant(ARC'TERYX)】

 

 

「Gamma SL Pant」は、軽量性に長けたソフトシェルの登山パンツです。フォーティアス1.0ソフトシェルを使用しており、伸縮性と耐久性の両立を実現しています。

また、生地はUPF50+であり、夏の紫外線対策がおこなえる点も魅力です。ハンドポケットや腿ポケットなど複数のポケットが設置されており、スマートフォンなどが取り出しやすいデザインとなっています。

サイズ展開 0-R/2-R/2-S/4-R/4-S/6-R/6-S
素材 ナイロン
重量 230g
カラー ブラック/ジュピター

 

 【UAフェイバリット ワードマーク レギンス(UNDER ARMOUR)】 

 

 

「UAフェイバリット ワードマーク レギンス」は、コットン素材を採用することで高い伸縮性を実現したレギンスです。超軽量であることから、長時間着用してもストレスになりにくくなっています。登山だけではなく、デイユースやトレーニングにも着用できるため、レギンスを持っていない人におすすめしたい一着です。

サイズ展開 SM/MD/LG/XL
素材 コットン
重量 記載なし
カラー ブラック×ホワイト×ホワイト/カーボンヘザー×カーボンヘザー×ブラック

 

 

 冬におすすめのレディースの登山服装

冬(12~2月)の平均気温は2~10度であり、防寒対策が必須の季節です。雪山は初心者にとってハードルが高いため、積雪していない太平洋側の山を選びましょう。

【冬の登山 一般的な服装例】

【ベースレイヤー】ウール

【ミドルレイヤー】フリース

【アウターレイヤー】シェルジャケット

【ボトムス】ロングパンツ

 【プモリパーカ(mont-bell)】

 

 

「プモリパーカ」とは、しなやかな着心地と軽量性が魅力のジャケットです。GORE C-ニット™バッカーテクノロジーによって、高い耐久性でありながら、軽量化にも成功しています。

また、モンベルのオリジナル素材「バリスティックナイロン」を使用している点も特徴です。ナイロン糸に延伸加工を施したものであり、同量のナイロンの約2倍もの強度を実現しています。

サイズ展開 S
素材 ストレッチゴアテックスファブリクス3レイヤー
重量 389g
カラー ピンク

 

 【ロングスリーブウォームクルー(THE NORTH FACE)】

 

 

「ロングスリーブウォームクルー」は、運動性や消臭性・保温性がアンダーウェアです。コットンに近い肌触りとなっており、積極的に着たくなるような着心地となっています。

また、カットソーとしても違和感のないデザインによって、普段着としても着用できる点も魅力です。冬だけではなく、春や秋など気温の低い時期の着用にも適しています。

サイズ展開 S/M/L
素材 Thermolite光電子MAXIFRESHベアー天竺
重量 180g
カラー ブラック

 

 【アルパインライトパンツ(THE NORTH FACE)】

 

 

「アルパインライトパンツ」は、高いストレッチ性と着心地のよさが魅力の登山パンツです。リサイクルナイロンとポリウレタンの混紡生地であり、ニットのように伸縮します。

テーパードシルエットでスタイルをよく見せながら、脚上げを制限しない点が魅力です。静電気が発生しづらい設計となっており、冬でも安心して着用できます。

サイズ展開 S/M/L/XL
素材 APEX Aerobic Light Recycled Nylon
重量 335g(Lサイズ)
カラー ココアブラウン/ファルコンブラウン/ニュートープ/ブラック/バナディスグレー/バルサムグリーン/バンフブルー

 

 【ティフォン 50000 ウォーム ストレッチ パンツ(ミレー)】 

 

 

「ティフォン 50000 ウォーム ストレッチ パンツ」は、独自メンブレンDRYEDGE™ TYPHON 50000を採用した登山パンツです。裏地には起毛トリコット素材が配置されており、冬でも保温性を確保できます。洗練されたデザインによって、登山だけではなく、デイリーユースでも違和感なく着用できる点も魅力です。

サイズ展開 XS/S/M/L
素材 DRYEDGE™ TYPHON 50000
重量 290g
カラー ハニーマスタード/ブラックヌワール

 

 まとめ

登山を安全に楽しむためには、適切な体温調節が必要です。熱中症や低体温症によって体調を崩さないために、レイヤリングで体温調節がしやすいようにしておきましょう。

年齢によって、ファッションの悩みは異なっています。ボディラインやくすみなどさまざまな悩みはコーディネートによって解決できるため、本記事で紹介したコーディネートのポイントを参考にして、登山のファッションを楽しみましょう。

 

コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル