#アウトドア #チェア #アウトドアチェア #登山 #ハイキング #トレッキング #おすすめ #持ち物

アウトドアチェアで登山が快適に!選び方と持ち運び便利な超軽量おすすめモデル7選

公開日 2週間前
アウトドアチェアで登山が快適に!選び方と持ち運び便利な超軽量おすすめモデル7選

重くかさばりそうなアウトドアチェアですが、近年では軽量・コンパクト・高性能のモデルが多数登場し、登山を含む屋外のアクティビティで利用でき、人気を集めています。本記事では登山に最適なアウトドアチェアの選び方とおすすめ商品を紹介します。

 

 

必需品ではないけれど、手軽なアウトドアチェアがあれば登山の休憩時間を快適に過ごせます。

近年では、軽くコンパクトなだけでなく、座り心地の良い製品も多いため、1脚あると屋外アクティビティで活躍すること間違いありません。

本記事では登山用アウトドアチェアが人気の理由と、製品の選び方、おすすめの商品を紹介します。

 

 登山用アウトドアチェアの人気が高まっている理由

出典:PIXTA

あればゆったりくつろげるものの、重くてかさばりそうなイメージの強い登山用アウトドアチェア。

実は、近年では軽量・コンパクト・高機能のチェアが増えていることから人気が高まっています。

機能性に優れた登山用チェアなら、キャンプやフェスなど、登山以外のアウトドアイベントでも活躍間違いなしです。

 

 登山に適したアウトドアチェアを選ぶときの4つのポイント

出典:PIXTA

登山に適したアウトドアチェアを選びたいなら、軽量・コンパクトはもちろん、強度や座り心地など、機能面も確認してみましょう。

ここでは、4つのポイントを解説します。

 

 重量は1kgまでがベスト

持ち運ぶことを考えると、登山用アウトドアチェアはできるだけ軽い商品がベストですが、軽すぎると機能面に劣る場合もあります。

バランスを考えると、1kg前後を目安に選ぶのがおすすめです。

 

 収納性は持ち運びやすさに直結

コンパクトな登山用チェアが欲しいなら、商品サイズではなく、収納サイズを確認しましょう。

長さ40cm以下など、ザックに入る大きさだと持ち運びやすくなります。

また、少し大きくてもザックに外付けできるサイズならかさばらなくてよいでしょう。

 

 耐荷重は自分の体重を支えてくれるかチェック

登山用チェアにかけられる最大の重さ(耐荷重)は、60~150kgと幅があります。

コンパクトなチェアを買っても、耐荷重が自分の体重以下なら使用できない可能性があるため、自分の体重を支えられる安全性の高いものを選びましょう。

 

 組み立て方法で座り心地を確認

登山用チェアの組み立て方法には以下の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

組み立て式は、部品をバラバラにして収納し、現地で組み合わせて使うタイプです。

背もたれのある商品が多く、メリットは座り心地のよさです。

しかし、組み立てに力が必要なこともあり、かさばる点がデメリットです。

折りたたみ式は、登山用チェアを折りたたんで収納しているので、開いただけですぐに使える製品です。

座面が小さいので座り心地は組み立て式に劣るものの、組み立てやすく軽量・コンパクトな製品が多いので登山利用にも適しています。

組み立て式は登山以外のアウトドアでも使いたいとき、折りたたみ式はできるだけ登山の荷物を減らしたいときなど、用途に合わせて選んでみましょう。

 

 

登山に最適なアウトドアチェアおすすめ7選

出典:Shutterstock

ここでは、登山におすすめのアウトドアチェアを組み立て方法別に7つ紹介します。

 1.ヘリノックス|チェアゼロ

 

 

ペットボトル1本に満たない軽量な作りながら、ポリエステル・リップストップをシートに採用し、背もたれのある快適な座り心地を実現。

同メーカー「チェアワン」の後継モデルの位置づけです。耐荷重も120kgと抜群の安定感です。

重量 490g
サイズ 使用時:幅52cm×奥行48cm×高さ64cm / 収納時:幅10cm×奥行10cm×高さ35cm
耐荷重 120kg
カラー展開 ブラック/グレー/サンド
組立方法 組み立て式

 

 2.ヘリノックス|グラウンドチェア

 

 

座面が低く包み込むような座り心地のロータイプモデルの登山チェア。

座ったときに姿勢に無理のないよう、シートは深めの設計です。

また、サイド部分はメッシュ素材のため、暑い日でも風通しがよく快適に使用できます。

持ち運びに嬉しいスタッフバッグ付き。

重量 615g
サイズ 使用時:幅52cm×奥行50cm×高さ49cm / 収納時:幅30cm×奥行11cm×高さ11cm
耐荷重 120kg
カラー展開 ブラック/グレー/コヨーテタン
組立方法 組み立て式

 

 3.ヘリノックス|コンフォートチェア

 

 

座り心地のよさとデザイン性の高さから、登山だけでなくリビングでも利用できる登山チェアです。

おしゃれなだけでなく、ポリエステル製のシートは汚れにも強くて安心。

重量は1kgを超えるものの耐荷は145kgと強度も高いので、大柄の男性でも無理なく快適に座れます。

重量 1100g
サイズ 使用時:幅52cm×奥行53cm×高さ67cm / 収納時:直径13cm×高さ40cm
耐荷重 145kg
カラー展開 Beige / Lagoon / Steel grey / Cappuccino / Red / Coffee / Royal Blue / Citrus
組立方法 組み立て式

 

 4.ニーモ|ムーンライト リクライニングチェア

 

 

腕部分のストラップで背もたれの角度を変えられるリクライニング機能付きの登山チェアです。

シートは全面メッシュ加工なので、蒸れることなく体の動きに合わせてしっかりフィットします。

軽量ながら快適な座り心地と高い耐久性を実現し、キャンプや野外アクティビティにも最適です。

重量 830g
サイズ 使用時:幅49cm×奥行53cm×高さ64cm / 収納時:幅10cm×奥行10cm×高さ35cm
耐荷重 136kg
カラー展開 ブルーバード/フォーレスト/グッドナイトグレー/オキサイド/スモルダー
組立方法 組み立て式

 

 5.ロゴス|ポケットスツール

 

 

重量わずか280gと小型のペットボトル程度、片手に収まるサイズなので、ザックの中に入れても手で持ち運んでもOKです。

航空機用の素材にも使われる7075超々ジュラルミンをフレームに使用しているので、耐荷重は100kgと安定感も魅力です。

便利な収納袋付き。

重量 280g
サイズ 使用時:幅24cm×奥行22.5cm×高さ26.5cm / 収納時:幅26cm×奥行12cm×高さ5.5cm
耐荷重 100kg
カラー展開 レッド
組立方法 折りたたみ式

 

 6.ロゴス|7075キュービックチェア

 

 

7075キュービックチェアも超軽量ながら、耐荷重120kgの本格派です。

なお、座面高は21cmと低めのため、長時間座るよりも小休憩に適しています。

行列の待ち時間やしゃがみ作業時にもおすすめです。

重量 300g
サイズ 使用時:幅20.5cm×奥行20.5cm×高さ21cm / 収納時:幅6cm×奥行5cm×高さ27.5cm
耐荷重 120kg
カラー展開 グレー/レッド/ワイド
組立方法 折りたたみ式

 

 7.KVASS|アウトドアチェア

 

 

折りたたみ式ながら、座面高は30cmと高く、座面も27cm×27cmのゆとりのあるサイズで、手軽さと座り心地のよさを実現した登山チェアです。

ただし、脚を伸ばす作業が必要なため、折りたたみ式チェアの中では設置に多少時間がかかるため注意しましょう。

登山を含むアウトドア全般で使いやすいモデルです。

重量 510g
サイズ 使用時:幅28cm×奥行28cm×高さ31cm / 収納時:幅6cm×奥行6cm×高さ26cm
耐荷重 100kg
カラー展開 ブラック/グレー/ブラウン/オレンジ
組立方法 折りたたみ式

 

 快適なアウトドアチェアを選んで登山中もゆったりくつろごう

近年では、軽量コンパクトで座り心地も良いアウトドアチェアが多数販売されているため、1脚用意しておけば登山中もゆったりとした休憩時間を楽しめます。

また、登山だけでなく屋外での多くの活動で使いやすいのも人気の秘密です。

あなたのスタイルにあったチェアを選んで、登山中も快適な休憩時間を楽しみましょう。

 

コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル