#ライター #登山 #ハイキング #トレッキング #おすすめ

登山におすすめのライター紹介|選び方と使い方のポイントも解説

公開日 2週間前
本ページはプロモーションが含まれています。
登山におすすめのライター紹介|選び方と使い方のポイントも解説

登山でコンロに火をつけたいときや、寒さをしのぎたいときはライターがあると便利です。ライターを選ぶときは、着火のタイプや携帯のしやすさ、使いやすさなどを基準にしましょう。この記事では登山ライターの必要性や選び方、上手に使うコツ、おすすめ商品を紹介します。

 

 

登山に行くときは、ライターを持って行くと調理や暖を取るシーンで重宝します。登山用ライターは商品によって特徴が異なるので、選び方のコツをチェックしておきましょう。

今回は登山におけるライターの必要性や選び方のポイント、ライターを上手に使うコツ、おすすめの商品を紹介します。

 

 ライターは登山に持って行くべき?

出典:PIXTA

登山に行くときは、ぜひライターを持って行くことをおすすめします。

ここではその理由を分かりやすく説明します。

 

 ライターがあれば簡単に点火できる

ライターを持参すれば、登山で食事を作りたいときや、暖を取りたいときにすぐ火をつけられます。特に標高の高い場所や冬山で点火する場合は、高所や低温でも使える登山用ライターが重宝されます。

 

 おしゃれなデザインのライターもある

近年はアウトドアブームの影響で、各メーカーからおしゃれなデザインを取り入れたライターが数多く発売されています。「普通のライターを持ち歩くのはちょっと……」という方は、モチベーションが上がるようなスタイリッシュなデザインのライターを選ぶとよいでしょう。

 

 登山用ライターの選び方3つのポイント

 

 

 

登山用ライターを選ぶときのポイントを3つ紹介します。

 タイプで選ぶ

登山用ライターには大きく分けて3つのタイプがあります。

 

 電子タイプ

高電圧を加えて着火させるタイプのライターです。ワンプッシュで点火できるので、簡単かつ指を痛めずに利用できるのが利点です。ただ、低温下や高所では点火できなくなることがあるため、高山登山や冬山登山には不向きです。

 

 フリントタイプ

フリントと呼ばれる発火石を叩いたり、擦り合わせたりすることで着火させるタイプです。高山や低温下でも点火できるところが利点ですが、フリントが濡れると使えないこと、指が痛くなってしまうところがネックです。

 

 プラズマタイプ

電子タイプ同様、電気を使って点火するタイプです。ただ、炎が立たない仕組みになっているため、風で火が消える心配がなく、手軽に着火させられます。

 

 使いやすさを確認する

出典:PIXTA

必要なときにすぐ着火できるよう、使いやすいものを選ぶのがポイントです。

例えば、力が弱い方はボタンをスライドさせたり、押したりするだけで点火できるタイプを選ぶのがおすすめです。

 

 携帯しやすいものを選ぶ

登山ではなるべく荷物をコンパクトにまとめるのが基本なので、軽量かつ小型のライターを選びましょう。

 

 登山用ライターをうまく使うコツ

出典:Shutterstock

登山用ライターを上手に利用するコツは3つあります。

  • 立てた状態にすると火をつけやすい
  • 素早く回すと着火しやすい
  • 手のひらで包んで温める

 

 立てた状態にすると火をつけやすい

オイル式のライターは、発火石で起こした火花が、ウィックと呼ばれる芯から揮発したオイルと接触することによって点火する仕組みになっています。

逆にいうと、ウィックにオイルが染みこんでいないとうまく着火できないので、ライターを立ててオイルを下に移動し、ウィックがオイルをしっかり吸い上げる状態にしてから使うと点火させやすくなります。

 

 素早く回すと着火しやすい

フリントタイプのライターは、発火石の摩擦によって火花を発生させる仕組みになっているので、素早く回転させてより強い摩擦を生み出した方が点火しやすくなります。具体的なコツとしては、できるだけ発火石の上部に親指を押し当て、真下に下ろすように擦りつけましょう。

 

 手のひらで包んで温める

ガスやオイルは低温下では気化しにくくなるため、標高の高い場所や冬山登山ではなかなか着火できなくなることがあります。その場合は、手のひらでライターを包み、しばらく温めてから再度点火してみましょう。

 

 

登山におすすめのライターおすすめ5選!

出典:Shutterstock

登山におすすめしたいライターを5つピックアップして紹介します。

 

1. エステーデュポン|デフィ エクストリーム

 

高度3,500m、気温-10度~40度でも着火できる登山ライターです。厚手の手袋を着用していても着火しやすいデザインが採用されているため、山で手軽に火を使えます。耐衝撃性も高いのに、約80gと軽量なところも魅力です。

サイズ 縦68mm×横45mm×奥行15mm
重量  約80g
タイプ 電子ガス式ターボライター

 

 

2. ウインドミル|ビープ ビープ3

 

コンパクトながら1,100度のパワフルなバーナー炎を出せる登山ライターです。握りやすい独特のフォルムを採用している他、ボタンを押下するだけの電子ライターなので、力のない女性でも手軽に着火できます。ガス容量は約3gとたっぷりめ。燃料の残量が一目で分かる親切設計も魅力です。

サイズ  縦76mm×横31mm×奥行20mm
重量 47.5g
タイプ 電子式ガスライター

 

 

3. ビック|ミニライター J25

 

独自の厳しいISO9994品質基準のもと、100%自動品質チェックを実施して製造されているフリント式ライターです。わずか12gと軽量なのに、炎の安定性、ボディの耐火性、着火性などに優れているところが特徴です。着火部分には強い負荷をかけないと着火できないチャイルドレジスタンス機能が搭載されています。

サイズ 縦61mm×横21mm×奥行11mm
重量 12g
タイプ フリント式ガスライター

 

 

4. カーリ|LOIMU X2

 

1,100度のプラズマアークで着火できるプラズマ式ライターです。炎を使わない上、収縮アームを採用することで、十分な距離を確保した状態で安全に着火できます。さらに耐衝撃性・防塵性・防水性に優れている他、100ルーメンのLEDライトも備えているため、薄暗い場所での照明としても活用できます。

サイズ  縦140mm×横30mm×奥行30mm
重量 非公開
タイプ プラズマ式ライター

 

 

5. ロンソン|スタンダード

 

キャップを開閉するだけで着火から消化までワンモーションで行えるフリント式ライターです。フリントタイプですが、レバーを押し下げることによって発火石が回転する仕組みになっているため、指を痛めずに着火できます。底が平らなので立てて使いやすいところもメリットです。洗練されたデザインは年齢や性別に関係なく愛用できます。

サイズ 縦49m×横42mm×奥行14mm
重量  63g
タイプ フリント式オイルライター

 

 登山にライターを持って行けばさまざまなシーンで活用できる

登山で料理をしたいときや、寒くて暖を取りたいときは登山ライターを使うと便利です。登山ライターは、着火の仕方によって電子タイプ、フリントタイプ、プラズマタイプなどの種類がある他、使いやすさやサイズなどにも違いがあります。また、最近はおしゃれなデザインのライターも数多く発売されているので、自分のニーズや好みに適した登山ライターを選びましょう。なお、登山ライターを使うときは立てた状態で着火する、フリントタイプは素早く回すなどのコツを取り入れると火をつけやすくなります。また、高山や低温の環境下ではオイルやガス式のライターは火がつきにくくなるので、手のひらで温めてから使うようにしましょう。

なります。また、高山や低温の環境下ではオイルやガス式のライターは火がつきにくくなるので、手のひらで温めてから使うようにしましょう。

 

>
コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル