#カメラバッグ #登山カメラ #カメラホルダー #おすすめ

登山カメラの持ち運びグッズは?軽量バッグ・ポーチ・ストラップおすすめ紹介

公開日 6日前
本ページはプロモーションが含まれています。
登山カメラの持ち運びグッズは?軽量バッグ・ポーチ・ストラップおすすめ紹介

登山にカメラを持っていく際は、便利な持ち運びグッズを活用しましょう。収納グッズにはバッグ、ポーチなど複数の種類があるので、カメラのサイズなどに合わせて選びます。この記事では登山カメラ持ち運びグッズの種類や、おすすめの収納グッズを紹介します。

 

 

登山の道中や山頂からの景色を写真に収めたいのなら、軽量バッグやポーチ、ストラップなどを使って登山カメラを携帯しましょう。カメラを持ち運ぶグッズは複数あるので、ニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

今回はカメラ持ち運びグッズの主な種類や、登山に持っていくカメラのタイプ、おすすめの登山カメラ持ち運びグッズを紹介します。

 

 種類別!カメラ持ち運びグッズの特徴を紹介

出典:Shutterstock

登山にカメラを持ち運ぶ際に使えるグッズには、以下のようなものがあります。

種類 特徴
バッグ カメラを簡単に出し入れできる。保護力も高い
ポーチ ザックのショルダーストラップに取り付け可能
ストラップ 首や肩などに提げて持ち運べる。すぐカメラを使える
トート 開け口が広いので出し入れが容易。おしゃれなデザインが多い

それぞれのグッズを詳しく解説します。

 

 バッグ

肩に掛けたり、腰に装着したりして持ち歩けるカメラ用バッグです。上蓋付きのレンズを、そのまますっぽり収納できるのでカバー力に長けています。

 

 ポーチ

ザックやリュックのショルダーストラップに取り付けられる小型ポーチです。

デジカメなどのコンパクトカメラの収納に適しており、必要なときにさっと取り出せます。

 

 ストラップ

出典:Shutterstock

カメラに取り付けられるストラップです。首または肩に掛けたまま移動することができます。カメラは剥き出しのまま持ち歩くので、シャッターチャンスを逃しません。

 

 トート

開口部が広く、持ち手が二つ付いているバッグです。カメラを出し入れしやすい上、おしゃれなデザインのものが多く、日常使いにも適しています。

 

 登山にはどんなカメラを持っていく?

出典:Shutterstock

登山に持っていくカメラのタイプは大きく分けて2つあります。

 

 大型カメラ

一眼レフなどの大型カメラは画質がよく、本格的な写真を撮影したい方におすすめです。暗い場所での撮影にも適しているため、テント泊や山小屋泊をして星空の写真を撮りたいという方にも適しています。ただ、小型カメラに比べるとサイズや重量がかさむため、荷物になるところがネックです。また、高機能なぶん、操作がやや複雑なものが多いため、シンプルな操作性を求めている方は要注意です。

 

 小型カメラ

デジタルカメラなどに代表される小型カメラは、軽量かつコンパクトなところが特徴です。大型カメラに比べると荷物にならないので、体に負担を掛けずに持ち運べます。また、価格も大型カメラより安いものが多いため、手頃な値段のカメラが欲しいという方にも向いています。一方で、大型カメラと比較すると性能は劣るので、高画質な写真を撮りたい方や星空撮影をしたい方には不向きです。

 

 

 登山カメラ持ち運びグッズをピックアップして紹介

出典:Shutterstock

登山にカメラを持っていく際に便利なおすすめのグッズを8つ紹介します。

 

1. コールマン|カメラホルスター

 

一眼レフカメラの収納に適したショルダーバッグです。本格カメラバッグと同等のクッション材を採用しており、大事なカメラ機材を安心して持ち運べます。内部にはインナーフラップが付いているので、ストラップ用の金具がカメラ本体を傷付ける心配もなし。エントリー一眼レフから中級一眼レフ+標準ズーム、高倍率ズームまで幅広いカメラに対応しています。

サイズ 幅140mm×高さ170mm×奥行100mm
容量 非公開
重量 230g

 

 

2. パーゴワークスM|フォーカス

 

高強度ナイロン糸を格子状に取り入れた強靱なファブリックを使用しているカメラバッグです。カーボネイトコーティングを施しているため、耐摩耗性と防水性に優れ、登山などのアウトドアシーンで活躍します。大容量ながら軽量性に長けており、サイドポケットやバックポケットなどの収納性に長けているところも魅力です。

サイズ 200mm×120mm×180mm
容量 2.5L
重量 260g

 

 

3. ザノースフェイス|MLカメラバッグ

 

レンズを付けたまま一眼レフカメラを持ち運べる、保護パッド入りのカメラバッグです。ショルダーストラップには肩当てが付いているので、大型カメラの負荷を軽減できます。内側にはストレッチメッシュポケットが2カ所、フロントにはファスナー付きポケットが搭載されており、収納力は抜群です。

サイズ 高さ220mm×幅120mm×奥行100mm
容量 1L
重量 約230g

 

 

4. ロープロ|フォトアクティブ TLZ45AW トップローディングバッグ

 

軽量素材を使用したカメラバッグです。24mm~70mmレンズを装着したミラーレスカメラ1台とアクセサリーをまとめて収納可能です。背面のベルト通しを使えばウエストバッグとして活用できる他、付属のストラップを使用すればショルダーバッグとしても使える2way仕様になっています。また、バッグ背面には縫い込み式のレインカバーが付属されており、少々の雨に降られてもカメラを保護できます。

サイズ 190mm×140mm×240mm
容量 2L
重量 260g

 

 

5. ミレー|ヴァリエポーチ

 

デジカメやモバイル端末などの小物をバックパックに外付けできるポーチです。フルパッド仕様になっているため、衝撃に弱いカメラや端末も安心して持ち歩けます。フロントにはジッパーポケット、内側にはインナーメッシュポケットを搭載しており、アクセサリーなどを小分けにして収納可能。キーフックも装備されているなど、収納性は◎です。

サイズ 幅100mm×高さ190mm×奥行50mm
容量 0.5L
重量 120g

 

 

6. アウトドアプロダクツ|カメラポーチ06

 

スマートフォンとコンパクトカメラを両方収納できるカメラポーチです。メインポケットの他にフロントポケットが搭載されているため、小物を2つに分けて収納可能。メイン収納部は開閉しやすいダブルファスナーを採用しており、必要なときにさっと出し入れできます。ポーチはショルダーハーネスの他、腰ベルトにも装着できるので、シーンやコーディネートに合わせて使用できます。

サイズ 幅90mm×高さ160mm×奥行65mm
容量 非公開
重量 約80g

 

 

7. ハクバ|プラスシェル シティ04 カメラポーチ M

 

コンパクトカメラの収納に最適なカメラポーチです。開閉しやすいダブルファスナーを採用しており、カメラを素早く出し入れできるところが特徴です。標準でカラビナとベルト通しが付いているため、ザックにぶら下げたり、ウエストポーチにしたりとさまざまなスタイルで装着できます。カラビナでザックに装着する際は、面ファスナーを使用すればショルダーハーネスにしっかり固定し、揺れを抑えられます。

サイズ 幅約90mm×高さ140mm×奥行55mm
容量 非公開
重量 約65g

 

 

8. オリンパス|カラビナ付きカメラケース

 

コンバーターアダプターを装着したまま収納できるカメラケースです。どこにでも簡単に取り付けられるカラビナが標準で付いているため、ザックに取り付けたり、ベルトに装着したりと、さまざまなスタイルで持ち運べます。収納部の開閉は左右に開くダブルファスナー式。黒地にオレンジの差し色を入れたおしゃれな見た目も人気です。

サイズ 幅80mm×高さ135mm×奥行45mm
容量 非公開
重量 65g

 

 登山にカメラを持っていくなら持ち運びに便利なグッズを活用しよう

登山の絶景を撮影したいのなら、持ち運びに便利なグッズを使ってカメラを携帯するのがおすすめです。カメラには大型のものと小型のものがあるので、収納グッズもカメラのサイズや用途に適したものを選びましょう。

 

>
コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル