#トレッキング服 #登山 #ハイキング #トレッキング #初心者 #おすすめ #登山服 #ウェア #レディース #山ガール

【レディース登山ウェア】山コーデに最適!オシャレなブランドと選び方を紹介

更新日 3ヶ月前
本ページはプロモーションが含まれています。
【レディース登山ウェア】山コーデに最適!オシャレなブランドと選び方を紹介

レディース登山ウェアは、各種レイヤーの役割を考えながら、機能性と利便性を兼ね備えたものを選ぶことが大切です。アウトドアブランドは複数ありますが、ザ・ノース・フェイスやマムート、モンベルなどはタウンユースとしても高い人気を誇っています。

 

 

 

出典:photoAC

山は麓の街とは気温や天気が異なるため、登山を楽しむときは専用の登山ウェアを揃える必要があります。

近年はアウトドアブームということもあり、機能性だけでなくファッション性の高い登山ウェアも数多く発売されていますので、自分の好みやニーズに合ったウェアを選びましょう。

この記事では、女性の登山ウェアの基本や、登山ウェアを選ぶときのポイント、人気ブランドをご紹介します。

 

 レディース登山ウェアは重ね着が基本!ウェアの種類を紹介

出典:Shutterstock

女性だけに限らず、登山をするときの登山ウェアは重ね着(レイヤリング)が基本です。

トップスは外からアウターレイヤー、ミドルレイヤー、ベースレイヤーの3種類に区分され、役割がそれぞれで異なります。

以下では、レディース登山ウェアの基本ポイントとなるウェアを4種類紹介します。

 

 アウターレイヤー

アウターレイヤーは、トップスの一番外側に着用するアウターのことです。

アウターレイヤーの役割は、寒さや風、雨、雪といった外的要因から体を守ることです。

一方で、登山中にかいた汗を外に放出する機能を兼ね備えていないと、内部が蒸れてしまうおそれがあります。

また、一番外側にあるアウターレイヤーはほかのレイヤーに比べるとダメージを受けやすいので、頑丈さも求められます。

 

 ミドルレイヤー

ミドルレイヤーとは、アウターとベースの間(ミドル)に着用するウェアのことです。

ミドルレイヤーの役割は保温と断熱で、外気と体温の間にウェアを挟むことで空気の壁を作り、温かい空気をキープすると同時に、体温が外に逃げるのを防いでくれます。

一方で、アウターレイヤー同様、ベースレイヤーから排出された湿気を外に逃がす透湿性も求められます。

ミドルレイヤーは状況に応じて脱ぎ着することもあるので、着脱のしやすいデザインであることも重要なポイントのひとつです。

 

 ベースレイヤー

ベースレイヤーとは、素肌の上から着用するインナーウェアのことです。

体から出てきた汗をすばやく吸収し、ベタつきによる不快感や、汗冷えによる体温低下を防ぐ役割があります。

ベースレイヤーはアウターレイヤーやミドルレイヤーのように頻繁に着脱するものではなく、かつ一年通して利用するものなので、機能性には十分こだわる必要があります。

 

 ボトムス

登山で着用するボトムスは、寒さ対策のほか、虫や枝、草などから下半身を保護する役割があります。

腰から足首まですっぽり保護するロングタイプのパンツが基本ですが、女性の場合、アウトドア用スカートの下にアウトドア用のレギンスやタイツを着用するスタイルもありです。

 

  レディース登山ウェアを選ぶときの3つのチェックポイント

 

出典:Shutterstock

レディース登山ウェアを選ぶ際にチェックしたいポイントを3つ紹介します。

 

 アウターレイヤーは防風性・防水性・透湿性・耐久性を兼ね備えたもの

アウターレイヤーは、風や雨、雪による影響を最小限に抑えてくれる防風性・防水性に長けたものを選ぶことが重要なポイントです。

一方で、汗冷えなどを防ぐために、湿気を外に排出する透湿性も兼ね備えている必要があります。

防水性と透湿性は一見すると相反する機能のように思えますが、登山用ウェアの中には2つの機能をあわせ持った多機能型のレイヤーも存在します。

その最たる例がゴアテックス素材で、防水性とともに透湿性にも優れているところが大きな特徴です。

また、アウターレイヤーは一番外側に着用するものなので、ゆとりのあるサイズを選ぶ方が多いですが、ミドルレイヤーとの間にすき間が空いてしまうと防寒性・防風性が低下してしまいます。

もちろん、サイズが小さすぎても動きの邪魔になりますので、ベースレイヤーやミドルレイヤーを着用した状態でジャストサイズになるものを選ぶことが大切です。

 

 ミドルレイヤーは着脱しやすく軽量のものを選ぶ

ミドルレイヤーは登山中でも簡単に体温調節できるよう、脱ぎ着しやすいデザインのものを選ぶのがおすすめです。

上から被るタイプのものだと着替えに時間と手間がかかってしまいますので、前開きのジップアップタイプなどを選びましょう。

また、重量のあるウェアを着用していると体力を消耗してしまいますので、なるべく軽量で、かつアウターとベースの間に挟んでも動きの邪魔にならないものがベストです。

たとえば、ジップアップタイプのフリースなら、軽量で保温性も高く、着脱も楽に行えます。

 

 ベースレイヤーは吸湿速乾性に長けたものを選ぶ

ベースレイヤーは汗対策のために、吸湿速乾性に長けた素材のものを選ぶのがマストです。

天然繊維ならメリノウールやシルク、化学繊維ならポリエステルやナイロンなどを使ったものが一般的です。

素肌の上に着用するものなので、肌が弱い方はなるべく低刺激な素材のウェアを選ぶと安心です。

サイズ感については、体にぴったりフィットし、すき間が空かないものを選択しましょう。

 

 山コーデに最適!レディース登山ウェアの人気ブランド3選

 

出典:PIXTA

登山ウェアのブランドは複数ありますが、ここではとくに人気のブランドを3つ紹介します。

 

 

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

ザ・ノース・フェイスは、1960年代にアメリカ・サンフランシスコで生まれたアウトドアブランドです。

ノースフェイスとはアルプス山の北側にある岸壁のことで、厳しい寒さと足場の悪さ、視界不良で登頂が難しいといわれているルートです。

そんな苛酷な環境下の登山をサポートするブランドとして生まれたノースフェイスは、その名の通り高い機能性を誇るアウトドアブランドとして登山家から人気を集めています。

一方で、タウンユースもできるデザイン性の高さも魅力のひとつで、普段使いのファッションとして愛用している方も少なくありません。

登山ウェアとしての機能性はもちろん、おしゃれも楽しみたいという女性におすすめのブランドといえるでしょう。

 

 マウンテンライトジャケット レディース NPW61831

 

 

 

こちらのマウンテンライトジャケット レディース NPW61831は、高い透湿性・防風性を備えたゴアテックス素材のジャケットです。

肩部分に切り替えのある特徴的なデザインにより、メリハリのあるスタイルに仕上がります。ダブルフラップ仕様のフロントは防水性抜群です。

サイズ S、M、L、LL、XL
カラー ブラック、ミネラルゴールド、ラベンダーフォグ、アンテロープタン、バンフブルー、フェデットローズ、マッチャグリーン
素材 ナイロン、ポリエステル

 

 マグマパンツ レディース NBW32213

 

 

雨や汗で濡れてもさらりとした履き心地をキープできるドライタッチのロングパンツです。スマートなシルエットですが、ポリウレタン混紡なのでストレッチ性が高く、足の曲げ伸ばしもスムーズに行えます。

サイズ S、M、L、XL
カラー ブラック、ケルプタン、バナディスグレー、バルサムグリーン、ミリタリーオーブ
素材 ナイロン、ポリプロピレン、ポリウレタン

 

 

MAMMUT(マムート)

マムートは1860年代にスイスで誕生した歴史あるアウトドアブランドです。

防水性と透湿性をあわせ持ったゴアテックス素材の登山ウェアを積極的に開発しており、登山初心者から上級者まで幅広いファンを持っています。

デザインはシンプルながらカラーバリエーションが豊富で、好みに合わせてコーディネートしやすいところが魅力です。

マムートの象徴であるマンモスのトレードマークもかわいいと人気です。

 

 Ayako Pro HS Hooded Jacket AF Women

 

 

 

こちらのAyako Pro HS Hooded Jacket AF Womenは、ゴアテックス素材ならではの防水・防風性を備えたジャケットです。

脇下に大きく開くジッパーがあり、汗の蒸気を排出して蒸れを防ぎます。裾や袖口の調整がしやすく、体型に合わせて自在に調整可能です。

サイズ S、M、L、XL
カラー マリンホワイト、サンセット、ブラック、ウイングテール
素材 ポリエステル、ポリテトラフルオロエチレン

 

 Trekkers 3.0 Shorts AF Women

 

 

 

快適かつ柔軟なソフトシェル素材を使用したハーフパンツです。軽量でストレッチ性に長けているので、足の動きを邪魔しません。ポケットが4つあるので、小さい身の回り品も手軽に携帯できます。撥水加工で雨にも対応できる優れものです。

サイズ XS、S、M、L、XL
カラー ブラック、イグアナ、マリン、ダークサンド
素材 ポリアミドエラスタン

 

 

Mont-bell(モンベル)

モンベルは、1975年に大阪で生まれた国内最大手のアウトドアブランドです。

日本発のブランドということもあり、日本人の体型や好みに合った登山ウェアが数多くラインナップされています。

ほかのブランドに比べると比較的リーズナブルなのも人気の秘密で、登山初心者でも気軽にコーディネートできるでしょう。

 

 FIELDSENSOR ハーフジップ

 

 

こちらのFIELDSENSOR ハーフジップは、ドライタッチのメッシュ生地を使用した通気性の良いアウターです。

吸汗・拡散・速乾性に長けたFIELDSENSOR機能が搭載されているため、汗をかいても蒸れにくく、快適な着心地をキープできます。

シンプルで他のアイテムとも合わせやすいので、アウトドアにはもちろん、タウンユース使いもできる一着です。

サイズ M、L、XL
カラー レッド・オレンジ
素材 ポリエステル、ポリウレタン

 

 メリエルジップアップTシャツ

 

 

吸湿速乾性と伸縮性に優れたジップアップTシャツです。

体にフィットするシルエットでありながら、伸びの良い素材で動きの邪魔にならず、トレッキングやハイキングに最適です。

ジップアップなので暑さを感じたら胸元を開けて換気するなど、シーンに応じた着こなしが可能です。

サイズ S、M、L、XL
カラー バイオレット、メランジュグレイ
素材 ポリエステル

 

 まとめ

山は街中に比べると天気が変わりやすく、かつ気温も低くなりやすい傾向にあります。

麓と同じ感覚でコーディネートすると、冷えや汗に悩まされたり、動きにくかったりと、体力を消耗したりする原因になりますので、ファッション性だけでなく、機能性と利便性をあわせ持った登山ウェアを選ぶことが大切です。

近年はアウトドアブームということもあり、各アウトドアメーカーもファッション性を兼ね備えた登山ウェアを数多く発売しています。

登山ウェアの基本をしっかり押さえたうえで、好みに合ったものを選ぶことをおすすめします。

 

>
コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル