#登山情報 #登山 #ハイキング #装備 #トレッキング #初心者 #おすすめ #登山服 #ウェア

【夏登山】初心者の服装はこれ!おすすめの夏の登山スタイルをご紹介

公開日 4ヶ月前
【夏登山】初心者の服装はこれ!おすすめの夏の登山スタイルをご紹介

夏の登山は、気候も比較的安定していて、初心者が登山・ハイキングデビューするにはもってこいの季節です。今回は、夏登山初心者に夏山を安心、安全、快適にたのしむための服装の選び方についてご紹介していきます。

 

夏休みなどの大型連休を利用して、あたらしいことにチャレンジするというかたも多いのではないでしょうか?水分補給など気をつけるべきことはいくつかありますが、それさえしっかりと押さえておけば、夏らしい鮮やかな新緑あふれる大自然の景色をたのしむことができます。しかし、夏の登山は町の中とは違った体温調整が必須です。登山を快適にたのしむにも服装には気をつけなければなりません。

 

 

 

 登山の夏スタイルのボトムスはこれ!  

 

出典:photoAC

登山・ハイキングをするなら、登山用のパンツを準備するのがおすすめです。登山用パンツは普段着のパンツよりもすぐれた機能がたくさんあります。最近は日常でも使えるデザイン性のあるスタイリッシュなパンツも販売されています。ここでは登山用のパンツの特徴やアイテムごとの選びかたなどをご紹介していきます。ぜひ、ご自身にあうぴったりなパンツを見つけて、もっと登山を快適に楽しんでください。

 

 肌着

上半身と同じように下半身にもレイヤリングがあります。下半身は上半身以上に動かしますので、生地が傷みやすいため、ユニクロやワークマンなどお手頃価格のものでメッシュのものがあればそれでOKです。綿のような素材は速乾性がなく、ムレや汗冷えの原因になるため避けましょう。予算に余裕があれば登山ブランドのものを検討しても良いかもしれません。価格に見合った快適さがあります。

 

 タイツ

近年、特に夏のシーズンにタイツに半ズボンを重ねる人が増えています。登山で使用されるサポートタイツには主に「サポート系タイツ」と「コンプレッション系タイツ」との2タイプがあります。サポート系タイツは筋肉に圧力をかけ動きをサポートし、関節を保護することによりケガを防止するなど、関節や筋肉の負担軽減をする特長を持ちます。コンプレッション系タイツは圧力をかけて血流を良くすることにより足をサポートし疲れにくくし、むくみや冷えを予防する特長があります。又、両機能をもつ「ハイブリッド型」もありますが、その分価格はお高めです。ケガなど身体をサポートし守ってくれるアイテムでもあるので、ぜひご自身の登山シーンにあったものをご準備ください。タイツは身体にきちんとフィットすることで、その機能を最大限に発揮します。必ず試着してから購入することをおすすめします。

 

 パンツ 

登山用のパンツはトレッキングパンツともよばれ、登山用、アウトドア用として登山・ハイキングを快適に過ごせるように作られているズボンです。ストレッチ性に優れているため、通常のパンツよりも動きやすく、優れた通気性によって汗を流してもすばやく乾くため、べたつかずに快適に過ごすことができます。また、防寒性に加え風や外気を防ぐ防風性、少量の雨くらいなら弾いてくれる撥水性もあります。乾きが早い速乾性があることも魅力の一つといえます。そんな高機能が売りの登山用のトレッキングパンツですが、最近ではおしゃれなデザインも増えており、登山だけに限らず、日常品やアウトドアシーンなどで使用する人も増えています。長さも定番のロングやショートをはじめ、ひざ下部分をジッパーで切り離せるハイブリッドタイプもあります。ロング丈のパンツは小枝や草、虫刺されなどから肌を守ってくれるので、夏でも活躍してくれます。

 

<登山用パンツの3つ特徴>
【動きやすさ】
岩場に登り大きく足を上げることも多い本格的な登山では、動きやすさがとても重要です。足を動かしづらいとストレスを感じますし、長い登山ではそれだけで疲労が積み重なっていきます。そこで、登山用のパンツには動きやすさを重視した伸縮性の高い素材が使われています。また、立体的な設計パターンによって足が動かしやすくなっています。

【吸汗性・速乾性】
登山中は普段の何倍もたくさんの汗を流すことになりますが、この汗を放っておくと体の熱を奪い、体温の低下をひきおこす可能性があります。登山用のパンツには、流した汗を吸って、すぐにその汗が乾く素材が使われており、流した汗によって体が冷えないようにつくりこまれています。

【撥水性】
登山用パンツの3つ目の特徴は撥水性です。撥水加工が表面に施されているので、多少の雨や汚れなら弾いてくれるため、ちょっとした雨ならレインウェアを取り出さなくてもしのげてしまします。

 

 

 登山の夏スタイルのトップスはこれ! 

 

出典:photoAC

夏の登山・ハイキングにおすすめの服装、トップスの選び方についてお伝えしていきます。できれば専門の登山ブランドのものを購入することをおすすめしますが、最近ではユニクロやワークマンなど低価格で高品質なものも販売されていますので、登山を長く続けるか不安な方やまずはお手頃価格でそろえたい方にはおすすめです。

 

 肌着 (ベースレイヤー) 

夏のベースレイヤーは、さらっとしたドライな着心地で、吸汗性、速乾性に優れて下り、汗冷えを防いでくれるウェアを選びましょう。夏の登山ではTシャツ1枚で歩くことも多いため、1枚で着ることができるデザインのものを選びましょう。

 

中間着(ミドルレイヤー)

夏のミドルレイヤーは、登山中の行動着や休憩中や寒いときの防寒着です。気候の変化が激しい山の環境にも対応できるように、体温を保つために使用されます。着脱の手軽なボタン付きシャツやフルジッパータイプのものが体温調整しやすくおすすめです。

 

 防寒着(アウターレイヤー) 

夏場のアウターレイヤーにはレインウェアがおすすめです。夏でもレインウェアは、登山において重要なアイテムで、風の強いときや雨天時に活躍します。

 

   合わせて読みたい

夏登山の服装トップスやレイヤリングについて詳しく知りたい方は下記のまとめ記事をご確認下さい。

 

  ・【夏山登山の服装】レイヤリングが重要!初心者におすすめのスタイルをご紹介

 

 

 その他アイテム

 

出典:photoAC

 靴下  

長時間さまざまな状況の坂道を歩く登山をサポートしてくれる、登山ウェアの中でも重要なアイテムのひとつが靴下です。楽しむために山に来たのに途中で靴擦れを起こしてしまったら、せっかくの楽しいはずの時間が地獄の様な時間に変わってしまいます。厚手の靴下はクッション性が高い為、足をしっかりと保護してくれます。夏でも厚手のものを選びましょう。メーカーから吸汗速乾性、透湿性や防臭効果など様々な高機能の靴下が販売されているので、季節や登山シーンに合わせて最適な素材のものを選ぶのも登山を楽しむためのコツです。

 

 帽子  

夏の登山・ハイキングでは、つばの広いハットやキャップを選びましょう。夏山登山・ハイキングでは直射日光による熱中症になりやすいため、暑いかもしれませんが帽子を被っておくことをおすすめします。また、山の標高が高くなるにつれて紫外線も強くなり、紫外線のダメージを避け、日焼け防止のためにも帽子はとても役立ちます。くわえて、登山では普段より足場の悪い坂道を登るため、気を付けていたとしても、少なからず足を滑らせるリスクがあります。帽子を被っておくことにより頭を保護し、ケガのリスクを軽減することができます。ファッション性の高いアイテムも発売されており登山でもおしゃれは外せないというかたにも帽子はおすすめです。

 

 サングラス

特に夏の登山・ハイキングでは標高が高くなるにつれて、日差しが強くなり、紫外線の量がどんどん増えます。そして、気づかない内に目にダメージをうけて日焼けしてしまいます。目を日焼けすると元に戻るまでには、時間がかかりますので、夏の登山ではサングラスをかけることをおすすめします。いろんなメーカーからさまざまな種類のサングラスが発売されていますので、ぜひ自分にあったものを見つけてみてください。ぎらついた光を遮断してくっきりした視界を確保してくれる偏光レンズを採用しているものがおすすめです。

 

 

登山の服装は安心安全なスタイルを優先しよう!

 

出典:photoAC

たとえ登山・ハイキングであっても、おしゃれがしたい!そんな気持ちはとてもよくわかります。しかし、登山の服装でもっとも優先すべきなのは安心安全です。命を守るための服装というと少し大げさに感じるかも知れませんが、山の天気は変わりやすく、気温が大きく変化する特殊な環境です。標高や風の強さによっては夏でも防寒具が必要になるため、体温調節をあやまると命にかかわる可能性があります。状況に合わせて調節できるように、夏でも服を重ね着するレイヤリングを心がけましょう。しっかりとした服装をすれば以下のようなトラブルをさけることができます。

 

 汗による体温低下

夏の登山ではたくさん汗をかくため、汗冷えを起こす可能性があります。 汗冷えによって体温が低下すると、筋肉や関節などが動かしづらくなり、転倒やケガのリスクが高まります。また、雨で衣服がぬれることにも注意をしましょう。強風にさらされると、低体温症になり、最悪の場合には意識を失ったり、心肺停止になったりするリスクもあります。

 

 日焼け紫外線対策

標高が1000m上がると紫外線は約10%増加すると言われています。標高2000m、3000m級になると、それ以上の紫外線がふりそそぐことになります。登山では街中とくらべ、紫外線の直射光が強くなりやすく、紫外線によるダメージが増えます。 シミやシワなどの肌トラブルや、白内障など目のリスクにもつながるため、しっかりとした紫外線対策とケアが大切です。

 

 天候による防寒対策

夏の登山でも防寒には気をつけなければいけません。標高が100m上がるごとに気温は0.6度下がると言われており、ふもとと山頂とでは気温が全く違います。 山の標高によっては、夏でも山頂の気温が街中の真冬並みになることもあります。特に風が強い場所では、汗冷えなどによって気温以上に寒さを感じます。かならず体温調整ができるように、上にはおえるものを準備しておきましょう。

 

 

 おすすめの夏登山スタイルで安全・快適に登山を満喫しよう!

 

今回は夏におすすめの登山スタイルについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 夏は外に出かける機会も多くなると思いますが、登山用の高機能なウェアをもっておくと、きっといろんなシーンで重宝することでしょう。安心安全なスタイルや水分補給など充分に気をつけて、夏の登山を満喫してください!

 

 

ライタープロフィール

小林優也

セールスコピーライター/ライター

今まではインドア派だったが、最近周りの影響でアウトドアの楽しさに目覚める。

高校生以来、登山やハイキングをしていなかったが、これからどんどんチャレンジ予定。

1番の登山の思い出は小学生の時におばあちゃんと良く登った金剛山。

趣味は読書、カラオケ、英会話、モノポリー、アウトドア(キャンプ、登山、釣り)

コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル