#キャンプ #アウトドア #野外用調理器具 #おすすめ

【2024年最新】最強のバーベキューコンロのおすすめ9選!

公開日 3週間前
本ページはプロモーションが含まれています。
【2024年最新】最強のバーベキューコンロのおすすめ9選!

バーベキューコンロがあると、キャンプやバーベキューがより楽しいものとなります。本記事では、バーベキューコンロの種類や自分に合ったバーベキューコンロの選び方、おすすめのバーベキューコンロを厳選して9個紹介します。バーベキューコンロの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

 

バーベキューコンロがあると、キャンプやバーベキューがより楽しいものとなります。商品によって持ち運びやすさや使い勝手、後片付けのしやすさなどが大きく異なるため、後悔しないために自分に合ったバーベキューコンロの選び方を知っておきましょう。

本記事では、バーベキューコンロの種類と、自分に合ったバーベキューコンロの選び方を解説します。後半では、おすすめのバーベキューコンロを厳選して9個紹介するので、バーベキューコンロの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

 バーベキューコンロの種類

出典:Adobe Stock

バーベキューコンロには、スタンダードタイプと蓋付きタイプ、卓上タイプ、使い捨てタイプという種類が存在しています。それぞれメリットや向いているシーンが異なるので、それらを踏まえて自分に合ったものを選ぶことが重要です。

バーベキューコンロの種類 特徴
スタンダードタイプ 4本の長い脚が付いている。一度に多くの食材を焼けるため、大人数でのバーベキューに向いている。
蓋付きタイプ 蓋が付いており、蒸し焼きや燻製などの料理にも使用できる。内部に熱の対流が生まれ、食材にじっくりと火が入る。
卓上タイプ 小型で軽量であることから、持ち運びがしやすい。狭いスペースでも使用できるため、庭でのバーベキューでも活躍する。
使い捨てタイプ コンロと炭、着火剤がセットになっている。使い捨てで、本体を洗う必要はない。燃料を追加できないため、燃焼時間には注意が必要。

 

 スタンダードタイプ

スタンダードタイプは、4本の脚がついているバーベキューコンロです。脚は長めに設計されており、調理がしやすい高さとなっています。脚の長さを調整できるものを選ぶと、ロースタイルでも使用できます。

焼き面が広く、一度に多くの食材を焼ける点がメリットです。大人数でコンロを囲んで調理できるため、大人数でのバーベキューやキャンプに向いています。また、商品のバリエーションが多く、多くの選択肢から自分が気にいるものを選べる点も魅力です。

【スタンダードタイプがおすすめの場合】

  • 大人数で調理するとき
  • 立食しながらバーベキューを楽しみたいとき

 

 蓋付きタイプ

蓋付きタイプは、蓋が付いているバーベキューコンロです。蒸し焼きや燻製などの料理にも使用できるため、他の種類よりも料理の幅が格段に広い点が魅力です。さらに、蓋があることから内部に熱の対流が生まれ、食材にじっくりと火が入ります。

蓋がある分、他の種類よりも重い点がデメリットです。「蒸し焼きや燻製にも挑戦したいけれど、持ち運びやすさも譲れない」という場合には、キャスターのついている蓋付きタイプのバーベキューコンロを選びましょう。

【蓋付きタイプがおすすめの場合】

  • 蒸し焼きや燻製にも使用したいとき
  • じっくりと食材に火を入れたいとき

 

 卓上タイプ

卓上タイプは、テーブルの上で使用する、小型のバーベキューコンロです。焼き面が狭く、少人数で調理する場合に向いています。

小型で軽量であることから、持ち運びがしやすい点がメリットです。狭いスペースで使用することが可能で、キャンプだけではなく、庭のバーベキューでも活躍します。保管の際も場所を取りません。

【卓上タイプがおすすめの場合】

  • 少人数で調理するとき
  • 狭いスペースで調理するとき

 

 使い捨てタイプ

使い捨てタイプは、コンロと炭、着火剤がセットになったバーベキューコンロです。1回のみ使用可能で、使用後は本体ごとそのまま捨てられます。洗浄などの後片付けは不要で、気軽にバーベキューを行える点がメリットです。

燃料の燃焼時間は決まっており、使用中に燃料を足すことはできません。長時間使用することは困難であるため、サッと調理を済ませたいときや、少人数でバーベキューをするときにおすすめです。

【使い捨てタイプがおすすめの場合】

  • 後片付けの時間を削減したいとき
  • サッと調理を済ませたいとき
  • 少人数でバーベキューをするとき

 

 最強のバーベキューコンロの選び方

出典:Adobe Stock

バーベキューコンロの選び方は、以下のとおりです。

  • 使用する人数で選ぶ
  • 熱源で選ぶ
  • 機能性で選ぶ
  • 組み立てやすさで選ぶ
  • 後片付けのしやすさで選ぶ

 

 使用する人数で選ぶ

バーベキューコンロの焼き面の広さによって、一度に調理できる食材の量は異なります。大人数でのバーベキューで焼き面の小さなコンロを選ぶと、全員分の調理に時間がかかってしまいます。また、少人数のバーベキューで焼き面の大きなコンロを選ぶと、不要な焼き面のスペースが多くなります。焼き面のサイズが大きいほどコンロは重くなりやすいため、少人数でバーベキューする場合には、焼き面の小さなサイズを選びましょう。

使用する人数 焼き面のサイズ おすすめのバーベキューコンロの種類
1〜3人 〜600㎠ 卓上タイプ、使い捨てタイプ
4〜5人 1,200㎠ スタンダードタイプ、蓋付きタイプ
6人〜 2,400㎠ スタンダードタイプ、蓋付きタイプ

 

 熱源で選ぶ

バーベキューコンロの熱源には、炭、ガス、電気があります。それぞれのメリット・デメリットをまとめると、以下のとおりです。

  メリット デメリット
  • 肉がふっくら柔らかく焼き上がる
  • 炭の遠赤外線効果で肉のうまみ成分を閉じ込める
  • 火加減の調節が難しい
  • 準備と片付けに手間と時間がかかる
ガス
  • すぐに火を起こせる
  • 火加減の調整をつまみで簡単に行える
  • 炭よりも燃料代が高い傾向にある
電気
  • 電源があればすぐに使用できる
  • 火加減の調整をつまみで簡単に行える
  • 連続して長時間使用できる
  • 電源のない場所では使用できない
  • 重量があり、持ち運びしにくい

 

熱源が炭のバーベキューコンロを使用すると、肉がふっくら柔らかく焼き上がります。さらに、炭の遠赤外線効果で肉のうまみ成分を閉じ込められるため、肉料理をおいしく楽しみたい場合におすすめです。

熱源がガスのバーベキューコンロを使用すると、カセットボンベをセットするだけで簡単に火を起こせます。消化するだけと後片付けも簡単であることから、バーベキュー初心者の方におすすめです。

熱源が電気のバーベキューコンロは、電源がある場所ならどこでもバーベキューができます。火を使用しないため、お子さんと一緒にバーベキューを行う場合でも安心です。

 

 機能性で選ぶ

バーベキューコンロの中には、快適にバーベキューを行うための機能を備えたものがあります。快適にバーベキューを楽しみたい場合には、機能を確認して選ぶことも重要です。

機能 概要
ファン機能 ファンが自動で風を送り込む機能。うちわで風を送らなくても簡単に着火することが可能
焼き網の高さ調節機能 焼き網の高さを変えられる機能。網の高さで簡単に火力を調節できる。
炭床の引き出し機能 炭床を引き出せる機能。網を外さなくても、炭を簡単に追加できる。

 

 組み立てやすさで選ぶ

バーベキューコンロによって、組み立てやすさは大きく異なります。組み立てが不要な折りたたみ式のものを選ぶと、短時間で準備は完了します。一方、組み立てが必要で、かつネジを締める必要があるものは、組み立てに多くの時間がかかります。

ソロキャンプであれば、組み立てもキャンプの楽しみのひとつとして楽しめるでしょう。しかし、初心者の場合には組み立てがうまくいかずにスムーズにバーベキューを始められない可能性があるため、組み立てやすさを確認して選びましょう。

 

 後片付けのしやすさで選ぶ

バーベキューが終わったら、本体を洗ったり、炭を処理したりと、後片付けをする必要があります。少しでも片付けの時間と手間を減らしたい場合には、後片付けのしやすさも考慮してバーベキューコンロを選びましょう。

バーベキュー後の片付けの手間を省きたい場合には、熱源がガスまたは電気のものが向いています。しかし、炭にも肉がふっくらと焼き上がるというメリットがあるため、「炭で火を起こしたいが、できるだけ後片付けも簡単なものにしたい」と考える方もいるでしょう。そのような場合には、炭床を引き出せるものを選ぶことがおすすめです。炭床を引き出せるものであれば、炭床だけを引き出して灰を下に落とせるため、灰の片付けにかかる時間を大幅に削減できます。

 

 

【2024年最新】最強のバーベキューコンロのおすすめ9選

出典:Adobe Stock

ここでは、数あるバーベキューコンロの中から特におすすめのものを厳選して紹介します。

 

【スライド式BBQコンロ(コーナン)】

 

スライド式BBQコンロは、炭床をスライドして引き出せるバーベキューコンロです。炭床を手前に引くだけで炭を追加できます。焼き網のサイズは30cm × 30cmで、4〜6人での使用に向いているサイズです。

道具不要で組み立てられる点が魅力です。脚部の繋げ方次第で、高さを71cm、49cm、37cmの3段階に調整できます。

種類 スタンダードタイプ
本体サイズ 86cm × 50.5cm × 71cm
収納サイズ -
焼き網のサイズ 30cm × 30cm
重量 約5.17kg

 

 

【7Way マルチファイアグリル(キャプテンスタッグ)】

 

7Way マルチ ファイアグリルは、1台で7役をこなす多機能なバーベキューコンロです。具体的には、以下の用途で使用できます。

  • バーベキューグリル
  • 焚き火台
  • ダッチオーブン
  • 串焼きグリル
  • ピザ窯
  • 燻製器
  • オーブン

網で食材を焼くだけではなく、ピザを焼いたり、燻製したりすることが可能です。焼き面の両サイドには大小の2種類の穴が空いており、串を差し込む穴を変えることで簡単に火加減を調節できます。

高さは72cm、34cmと2段階で調節が可能です。網サイズは38cm × 38cmで、4〜5人での使用におすすめです。

種類 スタンダードタイプ
本体サイズ 46.5cm × 40.5cm ×72.0cm
収納サイズ 65cm × 55cm ×12cm
焼き網のサイズ 38cm × 38cm
重量 3.7kg

 

 

【ROSY ベーシックグリル L プラス(ロゴス)】

 

ROSY ベーシックグリル L プラスは、脚を開くだけで組み立てが完了するバーベキューコンロです。シンプルな構造で、初心者でも簡単に設置できます。

焼き網の下に空気の通り道を確保する設計となっており、不完全燃焼を防止しています。また、火床を台形にデザインすることにより、少ない炭の量で調理できる点も魅力です。

種類 スタンダードタイプ
本体サイズ 84.5cm × 33.5cm × 70cm
収納サイズ 34cm × 64.5cm × 16cm
焼き網のサイズ 大サイズ:44cm × 30cm  小サイズ:30cm × 15cm
重量 3.1kg

 

 

【クールスパイダープロ L ファン(コールマン)】

 

クールスパイダープロ/L ファンは、ファン機能を備えたバーベキューコンロです。下部にあるファンのつまみを操作すれば、簡単に火力を調整できます。

高さは70cm、40cmの二段階で調節可能です。また、焼き網の高さを4段階に調節できるため、簡単に火加減を調節できる点も魅力です。

種類 スタンダードタイプ
本体サイズ 80cm × 52cm ×70cm
収納サイズ 75cm × 37cm × 70cm
焼き網のサイズ -
重量 約7.7kg

 

 

【グリルアタッシュM(ロゴス)】

 

グリルアタッシュMは、アタッシュケース型のバーベキューコンロです。ケースに持ち手が付いており、電車でキャンプ場へ移動する場合でも手に持って移動できす。ロックもできるため、突然開く心配は不要です。

ケースに焼き網と火床が収納されており、アタッシュケースを開いてセットするだけでバーベキューを開始できます。ワイドに開く設計で、コンパクトでありながらも広いスペースで調理できる点も魅力です。

種類 -
本体サイズ 39cm × 36cm × 31.5cm
収納サイズ 29.5cm × 39cm × 9.5cm
焼き網のサイズ 29.8cm × 16.5cm
重量 約2.8kg

 

 

【ヘリオン バーベキューコンロ(グリル) (CAPTAIN STAG)】

 

ヘリオン バーベキューコンロ(グリル)は、約900gと軽量のバーベキューコンロです。網の下に広いスペースが確保されており、横から簡単に炭を追加できます。また、網を取り外せば、串焼きを調理することも可能です。

種類 卓上タイプ
本体サイズ 43cm × 25cm × 17cm
収納サイズ 43cm × 25cm × 65cm
焼き網のサイズ -
重量 900g

 

 

【コンロ クールステージテーブルトップグリル(Coleman)】

 

コンロ クールステージテーブルトップグリルは、通気性の高いメッシュボディを採用したバーベキューコンロです。コンパクトサイズで、テーブルの狭いスペースでもバーベキューを楽しめます。

シルバーのバーベキューコンロが多い中、赤色のボディでデザイン性が高い点も魅力です。置くだけでテーブルの上が華やかになるでしょう。

種類 卓上タイプ
本体サイズ 40cm × 28cm × 16.5cm
収納サイズ 40cm × 28cm × 16.5cm
焼き網のサイズ 22.5cm × 34.5cm
重量 約2.5kg

 

 

【BBQグリル 蓋付 (BUNDOK)】

 

BUNDOKのBBQグリル 蓋付は、タイヤの付いているバーベキューコンロです。蓋が付いているため、スモークやローストビーフも楽しめます。脚にはタイヤが付いており、簡単に移動できます。

種類 蓋付きタイプ
本体サイズ 46cm × 43cm × 74cm
収納サイズ -
焼き網のサイズ -
重量 約2.9kg

 

 

【ロードトリップ グリル LXE-JⅡ(Coleman)】

 

ロードトリップ グリル LXE-JⅡは、オーブン料理も楽しめるバーベキューコンロです。脚にはタイヤが付いており、蓋付きタイプにありがちな“移動しにくい”という問題を解消しています。熱源にはガスを採用しており、470g缶を2本使用した場合の燃焼時間は約2〜4時間です。

蓋には温度計が付いており、調理が失敗しにくい点も嬉しいポイントです。蓋は取り外し可能であり、掃除のときに取り外して洗うことで簡単に綺麗な状態に戻ります。

種類 蓋付きタイプ
本体サイズ 118cm × 46cm × 112.5cm
収納サイズ -
焼き網のサイズ -
重量 18kg

 

 まとめ

バーベキューを楽しいものとするためには、自分にとって使いやすいものを選ぶことが重要です。バーベキューコンロを選ぶ際は、以下のポイントを確認しましょう。

  • 使用する人数
  • 熱源
  • 機能性
  • 組み立てやすさ
  • 後片付けのしやすさ

また、本記事ではおすすめのバーベキューコンロを9個紹介しました。いずれも機能性の高いものであるため、バーベキューコンロを選ぶ際の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

>
コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル