#トレッキングシューズ #トレッキング #おすすめ #メンズ #登山靴

おしゃれなトレッキングシューズ【メンズ向け】普段履きもできるおすすめ紹介

公開日 2週間前
本ページはプロモーションが含まれています。
おしゃれなトレッキングシューズ【メンズ向け】普段履きもできるおすすめ紹介

おしゃれなトレッキングシューズを普段履きしたいのなら、ローカットタイプでソールが柔らかいものを選びましょう。自分の好みに合わせてカラー、デザインを選ぶのがポイントです。トレッキングシューズの種類や選び方、メンズ向けおすすめ商品、お手入れ方法を紹介します。

 

 

登山やトレッキング、ハイキングを楽しむときは、専用のトレッキングシューズが必須です。

近年はデザイン性にこだわったおしゃれなトレッキングシューズも多く、日常でも使いやすくなっているため、幅広いシーンで着用したい方にもおすすめです。

この記事ではトレッキングシューズの主な種類や選び方のポイント、普段履きに適したメンズ向けトレッキングシューズ、お手入れの仕方をご紹介します。

 

トレッキングシューズの種類!普段使いにぴったりなのは?

出典:Shutterstock

トレッキングシューズの種類は大きく分けて3つあります。一般的に、普段使いにも適しているのはローカットのトレッキングシューズです。

 

 ローカット

ローカットはくるぶし丈のトレッキングシューズです。足首を自由に動かせるため、軽快に歩けるところが特徴です。見た目も一般的なスニーカーに近いため、普段使いするならローカットを選ぶとよいでしょう。

 

 ミッドカット

くるぶしがすっぽり隠れるくらいの丈のシューズです。ローカットよりも足首のサポート力が高く、かつハイカットよりも軽量なところが特徴です。普段使いもしたいけれど、アウトドアにも比重を置きたいという場合はミッドカットを選んでもよいでしょう。

 

 ハイカット

足首丈のトレッキングシューズです。3種類の中で最もサポート力が高く、足場の悪いところでも安定した歩けるところが利点です。他2種類に比べると重いので普段使いにはやや不向きですが、頻繁に登山に行く方はハイカットタイプも検討しましょう。

 

 普段履きしやすいトレッキングシューズを選ぶときのポイント

出典:Shutterstock

普段履きしやすいトレッキングシューズを選ぶ際に押さえておきたいポイントを紹介します。

 

 ソールの硬さをチェック

アスファルトなど舗装された場所を歩く際は、スニーカー感覚で履けるソールの柔らかいシューズを選ぶのが基本です。硬いソールは岩場など凹凸のある場所に適していますが、つま先が曲がりにくいぶん、舗装路を歩くときはかえって疲れてしまうので避けた方が無難です。

 

 カラー・デザインをチェック

最近のトレッキングシューズはカラーやデザインのバリエーションが豊富です。普段使いしたいのなら、アウトドアウェアだけでなく、日常生活で着用する服やアイテムの好みに合ったテイストのシューズを選びましょう。

 

 

【メンズ向け】普段履きできるおしゃれなトレッキング&ハイキングシューズ 8選

出典:Shutterstock

ここからは、普段履きに適したおすすめのメンズ向けトレッキングシューズを8つ厳選してご紹介します。

 

1. キーン|ターギー フォー ウォータープルーフ 防水ハイキングシューズ[メンズ]

 

 

キーンのトレッキングシューズの最上級モデルを進化させたローカットシューズです。キーン独自の防水透湿素材を採用しており、汗をかいたり、雨に濡れたりしてもさらっとした履き心地を維持できます。アウトソールには軽量性と耐久性、防滑性を兼ね備えた素材を使用。街歩きでも登山でも疲れにくく、安全な歩行をサポートします。

サイズ 25.0~33.0cm
カラー Dark Olive×Gold Flame/Bison×Black
重量 546g

 

 

2. キーン|ヴァーサコア スピード ハイキングシューズ[メンズ]

 

 

FAST&LIGHTをコンセプトに開発されたメンズ用ハイキングシューズです。高い通気性と速乾性に優れたメッシュライニングを採用することで、内部の蒸れを排出し、快適さをキープします。見た目も重さもスニーカーに近い一方で、防滑性に優れたラグパターンや、大地をしっかりグリップするラバーアウトソールなどを組み合わせることで、アウトドアシーンにもしっかり対応します。

サイズ 25.0~33.0cm
カラー Vapor×DarkOlive/LegionBlue×AntiqueMoss/Black×SteelGrey/Alloy×Scarlet Ibis
重量 非公開

 

 

3. キーン|ザイオニック ウォータープルーフ 防水ハイキングシューズ[メンズ]

 

 

防水透湿性と通気性で快適な履き心地を実現したメンズ用ハイキングシューズです。長時間履いていても蒸れにくく、かつ天然原料による抗菌防臭加工も施されているため、ストレスなく履き続けられます。足の形状に合わせた造りになっているため、よりフィット感が高く、軽快に歩けるところが魅力です。

サイズ 25.0~33.0cm
カラー Black×SteelGrey/VintageIndigo×Faded Denim/Golden Yellow×Black/Dark Forest×Black
重量 383g

 

 

4. コロンビア|ピークフリーク ツー アウトドライ ワイド[メンズ]

 

 

快適な歩行性を実現した、防水透湿機能搭載のメンズ用のトレッキングシューズです。シームレスメッシュが抜群のフィット感とサポート力を発揮するトレッキングシューズでワイドサイズのモデルです。

スタイリッシュなデザインはアウトドアからタウンユースまで幅広いシーンに対応可能です。

サイズ 25.0~30.0cm
カラー Black×Shark
重量 384g

 

 

5. コロンビア|コノス ティーアールエ[メンズ]

 

 

初めての登山を含む、さまざまなアウトドアアクティビティ対応のメンズ用ハイキングシューズです。コロンビア独自の防水透湿機能「アウトドライ」を搭載することで、雨や汗による濡れや蒸れをしっかり防げるシューズに仕上がっています。また、優れた反発力を持つミッドソールや、高いグリップ力を発揮するアウトソールにより、凹凸のある場所から舗装路まで幅広いシーンに対応します。

サイズ 25.0~30.0cm
カラー Black×MountainRed/Black×Grill/Silver Grey×Vivid Blue
重量 311g

 

 

6. コロンビア|セイバー ファイブ ロー アウトドライ ワイド[メンズ]

 

 

グリップ力、クッション性、快適性を併せ持ったメンズ用ハイキングシューズです。独自の防水透湿機能と目の細かいメッシュを組み合わせることで、内部の通気性を保ち、さらっとした履き心地を実現します。ワイドサイズのモデルなので、足幅が広めな方でも窮屈感を覚える心配がなく、ストレスフリーに歩くことが可能です。

サイズ 25.0~30.0cm
カラー Bark×Mountain Red/Khaki II×Alpine Tundra/CollegiateNavy×Charcoal/Black×Gold Amber
重量 388g

 

 

7. アディダス|FREE HIKER 2.0 LOW GORE-TEX[メンズ]

 

 

防水透湿性に長けたGORE-TEX素材使用のメンズ用ハイキングシューズです。

確かなグリップ力を発揮するアウトソールと、ソフトな踏み心地で足をサポートするミッドソールの組み合わせが、さまざまなフィールドでの歩行性を向上してくれます。また、メッシュアッパーは耐摩耗性に優れているため、アウトドアシーンで活用してもへたれにくく、長く愛用できます。

サイズ 24.0~32.0cm
カラー コアブラック×グレーフォー×フットウェアホワイト/ワンダーベージュ×コアブラック×セミインパクトオレンジ/セミフラッシュアクア×カーボン×ルシッドライム
重量 439g

 

 

8. アディダス|TERREX AX4 GORE-TEX HIKING[メンズ]

 

 

高地と低地、ドライとウェットなど、さまざまな場所に対応できるオールマイティなメンズ用ハイキングシューズです。軽くて安定感のある造りを採用しており、長時間歩いていても疲れにくく、かつ安全な歩きを実現します。

また、GORE-TEXメンブレンが靴の内部に水が浸入するのを防いでくれるので、小雨に降られても安心です。

サイズ 24.0~30.0cm
カラー コアブラック×カーボン×グレーフォー/グレーシックス×グレーフォー×ソーラーレッド/コアブラック×コアブラック×グレーフォー
重量 非公開

 

 トレッキングシューズのお手入れ方法

出典:Shutterstock

トレッキングシューズは汚れやすいので、こまめにお手入れすることが大切です。ここではトレッキングシューズのお手入れのポイントを3つご紹介します。

 

1. 普段のお手入れ方法

普段のお手入れは、靴用のブラシを使ってゴミや汚れなどを落とした後、固く絞った布などで表面をきれいに拭き取ればOKです。なお、汚れを落とすときに力を入れすぎると生地を傷める原因になるので注意しましょう。一方、アウトソールはブラシを使って水洗いすると汚れを落としやすくなります。

 

2. クリーナーを使ったお手入れ方法

頑固な汚れがついた場合は、シューズ用のクリーナーを使ってお手入れしましょう。

 

まずはブラシでざっと汚れを落としてから、頑固な汚れにクリーナーを吹き付け、スポンジなどで擦り洗いします。その後、クリーナーと汚れを水でざっと洗い流し、乾いた布などで水分を拭き取って乾燥させます。直射日光が当たる場所に置いておくと退色する可能性があるので、風通りの良い場所で陰干しするのがおすすめです。

 

3. 定期的に撥水スプレーを掛ける

防水加工が施されているトレッキングシューズでも、長く使っていると機能が落ちてくることがあります。そのため、トレッキングシューズをお手入れしたら靴用の撥水スプレーを使う習慣をつけ、防水性を維持するようにしましょう。

 

 おしゃれなトレッキングシューズはアウトドアや日常生活で大活躍

トレッキングシューズは登山やハイキングなどのアウトドアだけでなく、街歩きなど日常生活でも活躍する便利なアイテムです。トレッキングシューズにはさまざまな種類がありますが、普段履きしたいのなら歩きやすいローカットシューズを選ぶとよいでしょう。

また、ソールの硬さは柔らかめのものを選ぶと足が疲れにくくなります。最近はカラーやデザインのバリエーションも豊富なので、自分の好みや他のアイテムとの相性を考えながらコーディネートするとおしゃれを楽しめるでしょう。

 

>
コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル