#評判

ケルティはダサい?評判やブランドの特徴をわかりやすく解説

公開日 2週間前
本ページはプロモーションが含まれています。
ケルティはダサい?評判やブランドの特徴をわかりやすく解説

本記事では、ケルティのアイテムはダサいかどうかについて、口コミを交えながら解説していきます。ケルティの特徴やおすすめのアイテムも紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

 

ケルティ(KELTY)はアメリカの老舗アウトドアブランドで、世界中で多くの人に愛用されています。国内でも愛好者は多く、ケルティのアイテムを購入しようか検討している方の中には「ケルティのデザインがダサいと聞くが、本当だろうか」と気になっている方もいるかもしれません。

そこで本記事では、ケルティのアイテムはダサいかどうかについて、口コミを交えながら解説していきます。ケルティの特徴やおすすめのアイテム6選も紹介するため、アウトドアを計画している方や機能性の高いリュックを探している方はぜひ参考にしてください。

 

 ケルティ(KELTY)とは?

引用:KELTY

ケルティ(KELTY)は、1952年にアメリカで創業した歴史あるアウトドアブランドです。世界で初めてバックパックを製作し、現在ではアパレルやキャンプギアなど幅広いアイテムを展開しています。長年にわたってアウトドア愛好者から信頼を得ており、日本でも多くのファンに支持されているブランドです。

具体的には、以下のようなアイテムを販売しています。

  • バックパック
  • ボディバッグ
  • ショルダーバッグ
  • トートバッグ
  • テントやタープなどのキャンプギア
  • ポーチやペンケースなどの文房具 など

 

 ケルティ(KELTY)はダサい?評判は?

ケルティのアイテムの購入を検討している方のなかには、「ケルティはダサい?」と気になっている方もいるでしょう。結論から言うと、ケルティのアイテムはダサくありません。

X(旧Twitter)にてケルティの評判を調査すると、以下のような口コミが見つかりました。

 

 

 

 

ケルティのリュックに関する口コミには、デザインを評価している口コミはあるものの、「人と被る」「学生っぽい」というものが複数見つかりました。ケルティのリュックは機能性が高く、多くの人が利用しているため、このような評価を受けていると考えられます。

 

しかし、このような口コミはリュックばかりで目立っており、服のデザインについては以下のように高く評価している口コミが多く見つかりました。

 

 

 ケルティ(KELTY)の特徴

引用:KELTY

アウトドアブランドにはさまざまなものがあり、「ケルティは他のブランドと何が違うの?」と気になっている方もいるでしょう。ここでは、ケルティの特徴について解説します。

  • 機能性が高い
  • 耐久性が高い

ケルティの製品は機能性が高く、これまでさまざまな歴史的偉業の多くで使用されています。耐久性が高いうえに、カラーバリエーションも豊富であるため、実用性を求める人でもデザインやカラーを諦める必要はありません。

 

 機能性が高い

ケルティの製品は機能性が高く、アウトドア活動が快適なものになるようにサポートしてくれます。たとえば、リュックでは強度に優れた素材を使用したり、YKK製のファスナーを使用したりと、実用的なリュックを目指してさまざまな工夫がなされています。

ケルティの機能性の高さはプロのクライマーの注目も集めており、1963年のF.UnsoeldとF.Hornbeinによるエベレストへの初登頂、1966年のナショナル・ジオグラフィック南極大陸遠征など、米国の歴史的偉業の多くはケルティの製品と共に達成されてきました。

 

 耐久性が高い

ケルティのリュックの多くでは、コーデュラナイロンという素材を使用しています。ナイロンの7倍もの強度を持つと言われている素材であり、ケルティのリュック1つあれば、タウンユースから本格的なアウトドアまで幅広いシーンで活躍します。カラーバリエーションも豊富に用意されており、「耐久性の高いリュックが欲しいが、カラーにもこだわりたい」という方に特におすすめです。

 

 

ケルティ(KELTY)のおすすめアイテム6選

引用:KELTY

ここでは、ケルティ(KELTY)の数あるアイテムのなかでも、特におすすめのアイテムを厳選して6つ紹介します。タウンユースにおすすめのリュックから、キャンプで活躍するタープまで幅広いアイテムを紹介するため、ケルティのアイテムに興味がある方やアウトドアを計画している方はぜひ参考にしてください。

 

【URBAN DAYPACK】

 

「URBN DAYPACK(アーバンデイパック)」は、日常からビジネスシーンまで幅広く活躍する、洗練されたデザインのリュックです。1260デニールの強度の高いナイロンを使用し、全体をシックな黒で統一しています。

ティアドロップ型と呼ばれる三角形のフォルムが特徴的で、荷物を多く入れても美しいシルエットを保てる点が魅力です。上部のマチは薄く、底部のマチは広く設計することにより、横から見ても美しい三角形に見えるようになっています。

あえて装飾品を少なくしているのも、このリュックの特徴のひとつです。表面には通称「ブタバナ」と呼ばれるピッケルホルダーとケルティのロゴマークのみをつけており、老若男女を問わずに使用できます。サイズは48cm×33cm×18cmで、容量は18Lです。

 

【SIDE POCKET WIDE DAYPACK】

 

「SIDE POCKET WIDE DAYPACK(サイドポケットワイドデイパック)」は、実用性とデザイン性が見事に融合したデイパックです。サイドポケットが特徴で、ヴィンテージな雰囲気のなかにも可愛らしさを感じられます。両サイドのポケットには、500mlのペットボトルや折り畳み傘、薄手のジャケットなど、すぐに取り出したいアイテムを収納することが可能です。

また、背面に追加されているウレタンパッドにより、快適な背負い心地を実現しながら、バッグの型崩れも防いでいます。メインコンパートメントの背中側にはオーガナイザーがあり、さらにサブポケットには小さなスリーブポケットが2つ付いているため、小物の整理も容易です。

素材には耐久性の高いコーデュラナイロンを使用しており、タウンユースからアウトドアシーンまで幅広く使用できます。サイズは41cm×47cm×20cmで、容量は24Lです。

 

【VINTAGE FLAT POUCH】

 

「VINTAGE FLAT POUCH(ビンテージフラットポーチ)」は、従来の薄手のサコッシュよりも、より頑丈で機能的な素材を使用しているポーチです。500デニールのコーデュラナイロンを使用しており、耐久性と撥水性に優れています。

500mlのペットボトルや長財布が収まるサイズで、内部には携帯電話や定期券を分けて収納できる便利な仕切りも3つ付いています。裏地には肌触りのよい210デニールのポリエステルを使用し、PUコーティングが劣化しても問題なく使用できるように工夫されています。

ファスナーには高品質なYKK製のファスナーを使用しています。別注の物を使用しており、開閉時にストレスを感じません。

 

【CABANA】

 

「CABANA(カバナ)」は、目を引くポップなデザインと高い機能を兼ね備えた、日除けシェルターです。3本のグラスファイバーポールを使用しており、一般的なポップアップシェルターよりも耐久性があります。組み立てはクイックコーナーにポールを差し込み、本体を引っ掛けるだけの簡単設計で迅速に設置できるため、初心者の方にもおすすめです。

大きなメッシュウィンドウが3箇所に設けられており、通気性とプライバシーを確保できます。出入り口も布で覆えるため、全方向をクローズすることも可能です。

使用時のサイズは295cm×193cm×135cmで、収納時のサイズは61cm×20cm×20cmです。耐水圧は1,000mmで、ペグが使えない砂地でも安定して使用できるように、サンドパックも付属しています。

 

【NOAH'S TARP12】

 

「NOAH'S TARP 12(ノアズ・タープ12)」は、シンプルで軽量ありながらも雨や日差しからしっかりと保護してくれるタープです。迅速なセットアップが可能で、使用したいタイミングですぐに組み立てられます。つなぎ目にはすべてシームテープが施されており、耐水性に優れているのも魅力です。

使用時のサイズは365cm×365cmで、収納時のサイズは30cm×25cm×8cmです。重量は1.16kgで、ロールトップのキャリーバッグが付いています。

 

【MINI LOGO SWEAT PARKA(ユニセックス)】

 

「MINI LOGO SWEAT PARKA(ミニロゴスウェットパーカー)」はルーズシルエットで日常のあらゆるシーンにマッチするパーカーです。裏起毛の暖か素材を使用しており、肌寒い日の着用に向いています。

胸元に小さなロゴをあしらったシンプルなデザインで、コーデを組みやすい点もおすすめのポイントです。素材にはコットン100%を使用しています。

 

 まとめ

ケルティは1952年にアメリカで創業した歴史あるアウトドアブランドで、機能性が高い点が特徴です。機能性の高さからプロのクライマーの注目も集めており、米国の歴史的偉業の多くはケルティの製品と共に達成されてきています。

ケルティのアイテムは機能性が高いだけではなく、デザイン性も高いことから、タウンユースにもおすすめです。カラーバリエーションが豊富であるため、好みのカラーのアイテムが見つかるでしょう。

本記事では、数あるアイテムのなかから特におすすめのアイテムを厳選して6つ紹介しました。リュックを探している方やアウトドアのためのアイテムをこれから揃える方は、ぜひ本記事で紹介したアイテムを候補に入れてみてください。

 

>
コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル