#キャンプ #アウトドア #スポーツ #防寒 #屋外 #寒さ対策 #登山 #おすすめ #観光 #メンズ #レディース

最強の防寒着はどれ?おすすめのアイテムや選び方を紹介

公開日 2週間前
本ページはプロモーションが含まれています。
最強の防寒着はどれ?おすすめのアイテムや選び方を紹介

冬に屋外での作業やスポーツ、キャンプ・登山・アウトドアレジャーなど、寒さが厳しい環境下で過ごすときには、防寒着が欠かせません。最強の防寒着を選ぶことで、寒さから身を守ることができます。本記事では防寒着の選び方や、おすすめのアイテムを紹介します。

 

 

冬に屋外でのスポーツや作業、レジャーなど、寒さが厳しい環境下で過ごすときには、防寒着が欠かせません。最強の防寒着を選ぶことで、体温を保持し、寒さから身を守ることができます。

この記事では防寒着の選び方や、おすすめのアイテムについて紹介します。

 

 防寒には「重ね着」が基本スタイル

出典:Adobe Stock

防寒対策には、複数の衣服を重ねて着る「重ね着」が基本です。重ね着をすることで、体の周りに暖かい空気の層を形成し、外部からの冷気を遮断します。

1層目に身に着けるのをインナーレイヤーと呼びます。これは、汗を素早く吸収し、外側へ逃がす役割があります。

2層目はミッドレイヤーと呼び、体から発散された熱を捕らえて保持します。フリースやウール、ダウンベストなどが最適です。

3層目のアウターレイヤーは、防風、撥水、防水機能を持ち、外部の悪天候から身を守る役割を持ちます。透湿性があると、内部の湿気が外へ逃げるのを助け、衣服内を快適に保ってくれます。

重ね着の際には、運動すると体温も上昇するため、温度調節がしやすいよう、ファスナーなどが付いたアイテムを選択すると良いでしょう。また、着圧のある秋冬用コンプレッションインナーの利用もおすすめです。

 

 防寒着の選び方

出典:Adobe Stock

防寒着には、さまざまな種類や素材、機能がありますが、どのように選べばよいのでしょうか。ここでは、防寒着の選び方について、紹介します。

 

 作業環境で選ぶ

防寒着は、寒冷地での屋外作業、スポーツなど、環境に応じて求められる性能が異なります。

雪山での活動では、防水性と透湿性を備えたものが適しています。気温の低下や突然の天候の変化が激しい場合は、調整可能なレイヤー構造を持ったものを選びましょう。屋外での建設作業や農作業では、動きやすさと高い保温性を兼ね備えた防寒着が必要です。

高い活動量の作業では、汗を素早く外に逃がすことができる防寒着を選ぶことが重要です。作業環境に合わせた防寒着を選択することで、安全かつ快適に作業を進めることが可能になります。

 

 保温性で選ぶ

高い保温性を持つ防寒着は、厳しい寒さの中でも体温を適切に保持し、寒さによる体への負担を軽くしてくれます。それぞれの特徴を見極めて選びましょう。

例えば、ダウンは軽量でありながら高い保温性を持っていますが、湿気には弱いという特徴があります。多層構造の製品は、空気の層を作り出し、体温を効果的に保持します。ぴったりとしたフィット感のある防寒着は、体温の逃げを最小限に抑えますが、過度にタイトだと動きづらくなります。

保温性の高い防寒着を選ぶことで、冷えから身を守り、寒い季節も快適に過ごすことができます。

 

 防風性で選ぶ

冬のアクティビティや風が強い地域での作業では、防風性に優れた防寒着が欠かせません。防風性を高めるために、ジッパーの裏に風防フラップが付いているか、縫い目がテープ処理されているかなど、細部の構造にも注意します。

また、余分な隙間がないことで、風の侵入を防ぐため、体のラインにぴったりとフィットするデザインを選ぶことが重要です。防風性を持つ防寒着は、冷たい風が直接体に当たるのを防ぎます。

 

 透湿性で選ぶ

透湿性は、汗を効率的に外へ逃がす性能で、これにより衣服内をドライで快適に保つことができます。運動量の多いアウトドアスポーツには、透湿性の高い防寒着が必要です。例えば、ゴアテックスなどの能素材が使用されている防寒着は、水蒸気は外へ逃がしながらも、水分の侵入を防ぎます。

また、吸湿速乾性の高いインナーを併用することで、汗を素早く外へ逃がし、透湿性を最大限に活かせます。加えて、ピットジップ(脇下の通気口)やベンチレーションファスナーなど、活動に応じて調節可能な機能を持つ防寒着を選べば、体温調節と透湿性のバランスを取ることができます。

 

 撥水・防水性で選ぶ

撥水性と防水性を備えた防寒着は、水分が衣服内に浸透するのを防ぎ、体を乾燥させ快適に保つことができます。これにより、雨や雪の日でもアウトドア活動を楽しむことができ、長時間の屋外作業でも体を乾燥させ保護することが可能になります。

高い防水性を確保するためには、縫い目がテープ処理されていることが多いです。水が侵入するのを防ぐために、これらの部分がしっかりと処理されている製品を選びましょう。

 

 素材で選ぶ

良質な素材を選ぶことで、寒冷な環境下でも体温を効果的に保持し、長時間快適に過ごすことができます。ダウンは自然素材の中で最も保温性が高いとされ、軽量でありながら暖かさを保ちます。

ウールは湿気を含んでも保温性を保つ能力が高く、湿った環境でも有効です。合成繊維の中綿は、耐久性があり、濡れても保温性を維持することができるため、雨や雪の中でも活動する際に適しています。

それぞれの素材の特徴は、以下の通りです。

種類 特徴
ダウン 高い保温性を持ち、軽量であるため、寒冷地での活動に適している。
ウール 自然な暖かさで、湿気を含んでも保温性を保持できる。
合成繊維の中綿 耐水性に優れ、濡れても保温性を保つことができ、価格が手頃。
ポリエステル 強度が高く、型崩れやシワになりにくい。吸湿性が低く、速乾性や耐熱性にも優れているが、毛玉ができやすく、伸縮性がない。
ナイロン 撥水機能があり、レインコートとしても着られる。軽量で摩擦に強いが、熱には弱い。
ポリエステル 強度が高く、型崩れやシワになりにくい。吸湿性が低く、速乾性や耐熱性にも優れているが、毛玉ができやすく、伸縮性がない。
フリース 軽量な素材で保温性が高い。乾きやすく、カジュアルな使用に適している。

 

空気の通りにくい素材や、密度の高い織り方、撥水や防水などの表面処理、風を通しにくい構造の防寒着は防風性が高く、例えば、ナイロン、ポリエステルなどの素材や、タフタ、リップストップ、ツイルなどの織り方が、防風性に優れています。

また、コットン、レーヨン、シルクなどの天然素材や、ポリプロピレン、ポリエステルなどの化学繊維、メッシュ、パンチングなどの織り方が、透湿性に優れています。

 

 

登山やキャンプにおすすめ 最強の防寒着8選

出典:Adobe Stock

ここでは、保温性や軽量性、防風・防水性などの機能に優れた防寒着を、価格やサイズ、カラーなどの情報とともにご紹介します。登山やキャンプの際には、ぜひ参考にしてください。

 

1.【ポリゴンアクトフーディ(ファイントラック)<メンズ>】

 

【ポリゴンアクトフーディ(ファイントラック)<レディース>】

 

ポリゴンアクトフーディは、動きやすさと保温性を兼ね備えた防寒着です。ポリゴン構造を採用していて、体から発生する湿気を効率的に外に逃がし、内部をドライに保つことができます。伸縮性が高い素材を使用しているため、アクティブな動きにも対応し、登山やキャンプ時のさまざまなアクティビティに最適です。

身体の動きを自然に追従し、ストレスを感じることなく着用できるため、運動のパフォーマンスが上がります。また、耐久性にも優れており、厳しい自然環境下での使用にも耐える設計が施されています。

デザインもシンプルで、日常使いにも適していて、個々の好みに合わせたカラーが選べます。通気性と保温性がバランス良く、耐久性にも優れており、長期間の使用に耐える設計となっています。

 

 

2.【ポリゴンULジャケット(ファイントラック)<メンズ>】

 

【ポリゴンULジャケット(ファイントラック)<レディース>】

 

ポリゴンULジャケットは非常に軽く、アウトドアを楽しむ時には、夢の防寒着ともいえます。しかし、軽量であるだけではなく、優れた保温性と通気性も併せ持っています。これは、ファイントラックが独自に開発した高機能素材によるもので、厳しい冬の条件下でも体を暖かく、かつドライに保つことができます。

体から発生する湿気を効率的に外部に逃がすことができ、内部の蒸れを大幅に減少させることが可能です。風をしっかりと遮断しながらも、必要な時には体内の湿気を放出するバランスの良さが、長時間のアウトドア活動を快適なものにしてくれます。耐久性にも優れているため、岩場でのクライミングや草木による摩擦が生じるトレッキングなど、過酷な状況下でもその性能を発揮します。

胸には左右にジッパー付きのハンドウォーマーポケットがあり、手を温めることができます。また、内側にはジッパー付きのチェストポケットがあり、貴重品などを収納できます。

また、折り畳みやすく、バックパックに入れての持ち運びも容易で、使用しない時でも荷物になりません。ファイントラック素材選びから製造プロセスに至るまで、環境保護にもこだわっており、自然を楽しみながらもその保護に貢献できる製品を作っています。

 

 

3.【ダウンセーター フーディ(Patagonia)<メンズ>】

 

ダウンセーター フーディは、厳しい寒さの中でも体温を保つために設計された防寒着です。高品質のダウンを使用しているため、軽量でありながら保温性に優れています。耐久性も高く、水をはじくDWR(耐久性撥水)加工が施されているため、雨や雪の中でも快適に過ごせます。

また、フード付きのデザインは頭部からの熱損失を防ぐため、登山やキャンプといったアウトドア活動に最適です。シンプルながらも洗練されたデザインは、日常生活でも使いやすく配慮されています。調節可能なフードやカフ、裾など、細部にわたる設計で、どんな体型でもフィットして、風や雪を効果的に遮断します。

リサイクル素材を使用していて、Patagoniaのサステナビリティの取り組みで環境への影響を最小限に抑えられていることもポイントです。シェルと裏地には、リサイクルされた漁網を使用して、海洋プラスチック汚染の削減の素材が使用されています。また、羽毛の採取過程で動物福祉にも配慮されています。

 

 

4.【ベリングインナーフーディー(Teton Bros.)<メンズ>】

 

【ベリングインナーフーディー(Teton Bros.)<レディース>】

 

ベリングインナーフーディーは、寒冷地や厳しい気候条件下での活動を想定して作られています。軽量でありながら保温性に優れていて、体温を効率的に保持して、余分な湿気は外に逃がすことができます。

アクティブな動きを妨げないようにデザインを工夫しており、身体の自然な動きに合わせて伸縮する素材で、山登り、スキー、ハイキングでも、自由に動き回れます。また、フィット感の調整が可能なフードや、アクセスしやすいポケット配置など、細部にわたる工夫が施されています。

保温性、動きやすさ、耐久性、デザインの全てにおいて、バランス良く優れていて、アウトドアでの過酷な環境でも、身体を守ってくれます。

 

 

5.【Ms Danfri (HOUDINI)<メンズ>】

 

Ms Danfriは、HOUDINI独自の技術により、内部の湿気は外に逃がしつつ、外からの冷気は遮断することができ、極寒の環境下でも身体を温められるように設計されています。内部にたっぷりと空気層が作られ、羽毛布団と同等の暖かさです。

体は常にドライで快適な状態が保たれ、長時間のアウトドア活動でも快適に過ごせます。デザインにおいてもスリムなシルエットでありながら動きやすく、アクティブな動きにも柔軟に対応できます。さらに、調節可能なフードやカフス、複数のポケットなど、細部にわたって作り込まれています。厳しい冬の条件下でのアウトドア活動を楽しむ場合や、日常的に寒い環境に対処しなければならない時に、理想的な防寒着です。

素材は、ダウンやフェザーを使わずに、リサイクル素材をメインに作られていて、生地がすごくなめらかで、着心地が良いのも特徴です。

 

 

6.【ブレスサーモアンダーウェア(MIZUNO)<メンズ>】

 

【ブレスサーモアンダーウェア(MIZUNO)<レディース>】

 

ブレスサーモアンダーウェアは、MIZUNOが開発した防寒技術を採用したアンダーウェアです。体から発散される湿気を吸収し、それを熱エネルギーに変換します。この技術により、体温を自然に上げて、寒冷な環境下でも温かさを保つことができます。

通常の防寒着が単に外部からの冷気を遮断するのに対し、ブレスサーモは体内からの熱を利用してさらに暖めるのです。また非常に軽量で、肌触りが良く、着心地の良さは、アクティブに動いてもパフォーマンスを妨げることがありません。

耐久性にもこだわりがあり、洗濯による性能低下が少ない素材が選定されています。デザインは、目立ちすぎず洗練されていて、他のスポーツウェアや日常着とも容易に合わせることができます。

独自の発熱機能、軽量性、耐久性、そして快適な着心地は、冬の季節に欠かせないアイテムといえます。

 

 

7.【エベレスト(ひだまり)<メンズ>】

 

【エベレスト(ひだまり)<レディース>】

 

エベレストは、その名前が示す通り、最も厳しい寒さの中でも体を暖かく保つことができるように設計されています。

高品質の素材を使用し、体温を効率的に閉じ込め、外部からの冷気を遮断することができます。過度に暑く感じることなく、適切な体温を維持できるように素材の開発に力が入れられています。

さらに、肌触りが良く、長時間の着用でも快適性を保つことができるのです。このバランスの取れた設計により、エベレストは活発なアウトドア活動から日常の使用まで、幅広いシーンでの着用に適しています。

デザイン面においても、シンプルな外観は、日常生活での使用にも適しています。

 

 

8.【プレミアムウェーブ(ひだまり)<メンズ>】

 

【プレミアムウェーブ(ひだまり)<レディース>】

 

プレミアムウェーブは、寒冷な気候での着用を想定して設計されています。独自の繊維構造により、体からの湿気を外部に逃がしつつ、外からの冷たい空気を遮断することで、体温を最適な状態に保ちます。

これにより、アウトドアや日常生活に至るまで、どんなシチュエーションでも、快適に身体を温めてくれます。また、動きやすさが重視されていて、自由に動けるよう、体にぴったりとフィットしても、圧迫感がありません。

耐久性も強く、繰り返し洗濯しても摩耗しません。

 

 まとめ

防寒着を選ぶときは、コストパフォーマンスやデザインなども重要です。最近では、機能だけでなく、見た目にもこだわったスタイリッシュな防寒着が多く登場しているため、自分の好みに合わせた選択肢が豊富にあります。

コストパフォーマンスの良い商品も多く販売されているため、気軽に試してみましょう。

 

>
コメント (0)

コメントは管理者による承認後、掲載されます

キャンセル